沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

タグ:金城哲夫 ( 38 ) タグの人気記事

金城哲夫研究・通巻5号

 いつものメンバーの原稿が集まり、依頼中のも5月末に到着する予定で、
それから編集開始いたします。
世良氏の【沖縄物語】の研究は最終に近づきます。
森本氏、大城氏はほぼ内容がかたまっており、
黒島氏の続きは6号になると思いますが、
上原美智子氏の【兄の思い出】の転載許可を3日前に頂きました。
大体の内容は決定してきております。

私事ですが、「金城哲夫研究・5号」で、編集幹事は
引退致しまして、若し元気であれば、
レトロスペクティブ調査団を不定期に投稿させて頂きます。

昨日、寝る寸前に地震を感じ、また仙台方面か?と思いましたら
愛知県の伊勢湾が震源地でした。

>讀賣新聞より転載>2011年4月25日0時2分発表
地震発生時刻 2011年4月24日23時57分ごろ 震源地(震央) 伊勢湾 深さ 約40km
緯度・経度 北緯34.9度 東経136.8度 地震の規模 マグニチュード 3.2
この地震による津波の心配はありません。
震度1 愛知県 愛知県東部田原市田原市赤羽根町 >との事です。

>4月25日記>昨日寝ぼけて書いたので支離滅裂でした。調子が悪いかも。

>また今月の29日から5月6日迄、ブータンへ行く為留守致します。
(渡邊豊信)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-25 04:19 | 金城哲夫

岸田さんの事

 金城哲夫さんと第一尚氏の関係は、もう少し先に書く事に
致します。

岸田今日子氏と甥の岸田森氏(金城哲夫氏との関係あり)
の事。

未だ詳細は書けないが、岸田一族は徳川吉宗時代に紀州藩から、
挙母藩(豊田市)に松平某が藩主と共に「師範」の立場で
態々来られた。

岸田今日子氏は『君待てども』のナレーションで有名だが、
岸田森氏は『怪奇大作戦』『帰ったきた~』で有名。

彼はチョウが好きで、金城哲夫氏の父親が経営していた百名の
「竜宮城」近くの浜川御嶽へ、チョウ採集に来られたそうである。

岸田森氏と金城家との関係も興味深い。

f0226161_21553736.jpg

(内容一部修正しました
いずれ「てふてふはべる」でまとめていきます…渡邊豊信)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-23 21:57 | 金城哲夫
 以前も、金城さんんが、円谷監督と出会ったのがいつか?という
事で、Mさんにインタビューした記事を書いたが、M氏の隣家で、
金城哲夫さんが、円谷プロに近い場所に引っ越した下宿先が、
「岩本」家なのである。
こういった裏ネタは多々あって、『ウルトラQ』「宇宙からの贈りもの」
に登場する大蔵島は有名である。そんな感じで、金城さんは「言葉遊び」
をよくされていたように思われる。チブル星人もそんな感じである。

思想がかって、当時から書いていたのは長崎出身の脚本家さんで、
ザンバ、カナンの沖縄風の名の両宇宙人が登場するのも彼の作品だ。
彼こそ、ベトナム戦争を意識して、彼の思いの投影を金城さんにもあるかの
ように吹聴している。
犬○貞○氏(『アンバランス』『花燃ゆる日々』に登場)や
白浜氏(『セブン』でも『アンバランス』でもある感染症を疑わせる)
を実名で登場させたのは、なんか悪意があるような気がして、金城さん
と違う。彼が金城さんの「思い」をねじまげたような気がする。
(犬○さんは{名前を勝手に使って」と、
内心あまり面白くなかったようですよ。と、同じ職種で、佐賀へ行った際、
その脚本家と犬○さんが同級生と知りました:見学ついでの取材:渡邊)

それでも、そういう脚本や、ややあちら(左)がかっている
佐々木さんの作品を登用された金城さんはやはり凄い人である。
F氏の調査のお手伝いと、自分の調査兼ねて、
1992年以降の評論に、
「あなたたちの方が、事実をねじまげている」
と、そう言いたい。

また、自作パロディを考えていると、金城さんにもそういう気配が感じられる。
『33年目の同窓会』のプロット作成の際、玉川学園だから、江戸川学園に
したが、江戸川由利子のネーミング、八重山にある姓の友利と真理アンヌ氏
から、友里アンヌを生み出したり、SF作家からウィンダム、ハードボイルド
作家からチャンドラーなど、これは嫌味でなく「遊び」なので(怪獣名
だから、悪意ある人々や宇宙人ではない!!)、そこが、金城さんの偉いところ。
最近になってガダルカナルの話題を私も出すが、昔避けていたのは、父が
そういった立場だったからである。沖縄戦をモロに体験した立場
からすると、『怪奇…』で、その話を書けというのは酷である。
Tプロを離れたのは、おそらく別の理由ではあるだろうが、金城さんは「架け橋」
は書けても、優しさがあるだけに「悲惨」な沖縄は描けれなかったと思う。

  (情報提供:K.森口さん、本日の担当:渡邊豊信)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-12-18 21:47 | 金城哲夫
 主宰より送られた、「ガープ」の1号。
これは、金城哲夫特集である。
そして、ウン十年前の小学5年生に掲載された、黒沼健氏の短編小説。
とりあえず紹介、主宰が気が向いたら、コメント書くとの事、(杉本)

今後の運営
 渡邊氏から依頼あり、杉本が、基本的にここを運営、
管理はとりろばいど氏ほかでしていきます、
雑誌・「金城哲夫研究」以外の知見を、ここで提示していきます、



情報
>OTVに要注意!!(情報解禁までお待ちください)
>『ウルトラQ』の本編記録をされた田中敦子さんプロデュースによる証言と映像を組み合わせた作品、もう一部で某BBSなどで先取り告知されておりますが、正式にBSにて放送される事を発表する許可がおりました。年末年始の放送予定だそうです。未だ撮影中との事(渡邊)

→「ぼくらのウルトラマン伝説」2011年1月1日午後10時、BS日テレとの事、
   11月28日に記事書いてもらってます(11.27:渡邊)

<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2、3号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

ジュンク堂。大阪店にて「金城哲夫研究」は再契約となりました。
蜻文庫でも通販可能。


岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み)


f0226161_831195.jpg



>私が、1993年に沖縄で偶然入手した雑誌。3号まであり。
映画「パイパティローマ」の特集号もあり。
3号まで、玉城優子(現・ゆう子)氏の沖縄タイムス連載
「沖縄を愛したウルトラマン」の転載あり。だからねー、素晴らしい雑誌。
右の切り抜き記事?は、兄の頃の小学5年生に掲載された黒沼健氏の短編小説のコピー。
こちらも杉本氏に管理してもらっているはずだが、
本物は、切り取りなく、沖縄本部にて管理されているんだはず(渡邊)。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-09 08:31 | 金城哲夫

33年目の同窓会

f0226161_1021689.jpg
f0226161_10214352.jpg
f0226161_10222627.jpg


コスプレ以外の画像は、N監督から先ほど、許諾を頂きました、
原案・金城哲夫「テツオとユウコ」より。
脚本・中島広宣  潤色・野次馬信男
製作・中島広宣、渡邊豊信   
企画・佐藤文彦(金城哲夫プロジェクト、金城哲夫ファンクラブ)
監督・撮影・編集・中島広宣
助監督・A氏&B氏(クレジットは実名で)
出演・古谷敏、原田あゆみ、丸山徹ほか(以上、敬称略)
制作・センターアイランド、アウローラ映像
企画協力・金城哲夫研究会
©金城哲夫、センターアイランド、松風苑       約20分

沖縄と東京を舞台にしたメロドラマ(でぃぷろどくす、まやはべる)
http://homepage3.nifty.com/center-i/sub1.htm -
サブページ1に、何かが見える!!怖いもの知らずの方は↑を(でぃぷろどくす)

>と、いう事で、一枚だけコスプレ画像ぬきました(10.14朝、渡邊)。出勤だ~。眠い!!

<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を楽しむ日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

こうようクリニック  
      愛知県名古屋市東区代官町の内科クリニック。老人保健施設も併設。
      心療内科も新設(新患は月、金に予約で。午前は1、3週に予約)。
 
      理事長・院長:市川佳明
       http://www.nagoya.aichi.med.or.jp/higashiku/9363578/
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-14 06:23 | 金城哲夫
 しばらく、主筆の名古屋の当研究会創設の渡邊が、胃(結腸と顎らしい)に負担かかったといって、岡山経由で、西宮の、私が代筆していきます、
1963年の名古屋の調査、続きをかけと、
5月20日「月曜日の男・4×4×3」ゲスト・沼田曜一氏、石井伊吉氏、
同日、フジテレビ(東海テレビ)で「マブニの丘」糸満でなく、鹿児島を舞台にした作品、
この頃の「スーパーマン」は、小林淸志氏でなく、大平透氏が声担当、音楽も「戦場にかける橋」は使用せず、
6月24日、CBCで「ジャングルの女王」放映、サブタイトル「怪物」、
ハリマオ「ジャングルの待ち伏せ」放映、この日の純愛シリーズに岩下浩氏ゲスト、

制作中の時期ですが、名古屋も「沖縄物語」見つからず。
>資料提供「渡邊豊信」

f0226161_8142130.jpg

世界の蝶シリーズ>ジャコウアゲハ((沖縄・名護)・・・まやはべる

広告>

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
     11月発行の3号も扱ってくださいます。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、担当;林、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-09 01:16 | 金城哲夫
<情報>10月3日、仙台ジュンク堂にて「創世期ウルトラを語る~2010年の真実」開催
聴講に関しましては入場無料、書籍サインは基本的にジュンク堂にて当日、本やDVDを購入された方。
です。(「ウルトラマンになった男」や「ウルトラマン創世記」などの著書を購入して頂いた方)
ためガキあり。ゲストに関して、仙台は、飯島監督、桜井氏、古谷氏で決定であります。




沖縄県立芸術大学での「金城哲夫フォーラム」等の開催が、ほぼ決定となりました。

ゲストは、ほぼ決まってますが、沖縄だけでの告知となります。また、ゲストは調整中(沖縄のT氏ほか)
11月3日 午前は映像(間に合えば「33回目の同窓会」若しくは予告)
       午後はフォーラム(佐藤・大城 担当、パネラーは調整中ですが、沖縄在住の方で予定しております)

ワークショップは、金城哲夫さんの母校での開催を企画。子供たちへの参加を呼びかけます。
また、例年のように、「金城哲夫とウルトラアート」の参加作品の一般公募も致します。
応募用のアドレスは此方です、此方は作品応募専用のアドレスになりますので私信はご遠慮ください。
「金城哲夫プロジェクト」「金城哲夫ファンクラブ(FC)」「金城哲夫研究会」代表;佐藤文彦
ultra-art-okinawa@hotmail.co.jp(「金城哲夫研究」の原稿アドレスも此処にします)

>外部リンクわが心のマイティジャック
松風苑
左のリンクをクリックして下さい。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-09-27 08:23 | 告知
金城哲夫とウルトラアート
主催・佐藤文彦氏2008*2*5~2*10那覇市ぶんかてんぶす舘3階ギャラリーにて
画像
f0226161_037214.jpg

金城哲夫とウルトラを創った仲間たち2008*2*10那覇市ぶんかテンブス舘4階ホール主催・渡邊豊信氏
ゲスト・飯島敏宏氏中野稔氏桜井浩子氏進行・佐藤、渡邊金城哲夫ファン倶楽部(当時の代表は大石氏)、金城哲夫とウルトラアート実行委員会による開催
f0226161_0393775.jpg

f0226161_0401835.jpg

画像 三年にわたる一連の金城哲夫生誕70年&33回忌プロジェクトの一環として開催された。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-06-03 19:48 | イベント