沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

タグ:沖縄からきた青年 ( 1 ) タグの人気記事

金城哲夫が別名義で、「絆」シリーズ用の習作として書かれたものですが、
以前もふれましたが、沖縄が台詞の中に出てくる部分の転載です、、、


以下、シナリオより転載、、、
国夫「……」
ハル「船が港を出て行くのをみるたびに、私はどこかへ行きたくなるわ……」
国夫「俺だって、時々ふっと人間であるのが嫌になるよ…だけどそんな時オートバイをすっとばしたりすると気分がすっきりするんだ……」
ハル「どこでもいい。あの船に乗って、遠い、遠いところへ行きたい…
どこか無人島ないかしら?」
国夫「あるもんか…どこに行ったって同じさ。地球は満員電車なんだから…」
ハル「沖縄っていいところ?」
国夫「そりゃいいにきまっている。俺のふるさとだもんなァ…珊瑚礁の海、吸いこまれるような蒼い空…だけどいいのは風景だけさ。

また、今後、全部を紀要に発表させていただきます、、、(杉本)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-10-06 20:28 | 金城哲夫