沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

タグ:松風苑、金城哲夫 ( 1 ) タグの人気記事

連載2>「てふてふはべる」氏から

4 河原(昼)
  飛んでいるヒコーキ。
  そば屋(源さん・十八才)が、出前のザルそばを一ぱい持って、自転車にまたがったまま見物している。子供が茶太郎の側に走り寄る。

子供「小父さん!低空飛行もやってよ!」
茶太郎「低空だな。よしよし」

  と、操作する。
  ワーツ!
  頭上スレスレに飛ぶヒコーキを追う子供たち。
  源さん、面白そうに見ている。
  と、ヒコーキがこちらに向ってくる。
  慌てる源さん。
  ヒコーキ、ザルそばの山にモロに衝突する。
  飛び散るそば、そば、そば……
  子供たち、心配そうに走り寄る。

子供「大丈夫?」

  と、腰を打ってうなっている源さんを、みんなで抱き起こそうとする。

源さん「あいてて……痛いッ……いてて……」

  茶太郎、走って来る。
  と、源さんの方を見向きもせず、墜落したヒコーキの方へ走る。

茶太郎「ごめんよ、怪我はなかったかい?」

  と、拾って機体を調べる。
  源さん、カチンと来る。
  よろよろっと立ち上がりながら、落ちているそばをわしづかみにして、

源さん「(怒鳴る)この野郎!!」

  マフラーでヒコーキをふいている茶太郎の方にそばを投げる。
  ヒコーキにベッタリそばがつく!

>本日はここまで(杉本一夫)


>おまけ、、、

宇宙人を捕獲したと何十年も信じられてきた

[拡大写真]


宇宙人が地球に来ている証拠とされるものは数々あるが、中でも有名なのが、トレンチコート姿の諜報部員と思われる2人の男性に、サルのような宇宙人が手を引かれている写真だ。捕獲後に解体され、標本はどこかに眠っているなどと噂されたが、実は「合成写真」だった、というニュースが流れた。

これを報じたのは超常現象写真や出来事のウソを暴くドイツの「forgetomori」というサイト。エイプリルフール用に作ったものだ、と内実をばらしている。
エイプリルフール用の特集記事に掲載された
「火星から人!」というタイトルで特集が組まれたのは独の週刊誌「Neue Illustrierte」の1950年3月29日号。この号には、大型で光を放つ円盤型の宇宙船や、火星と思われる場所を走っている生き物、そして、ここ何十年も宇宙人が地球に来ている証拠として取り上げられてきた「宇宙人捕獲」の場面が掲載されていた。

「forgetomori」が2012年4月22日に掲載した記事によれば、捕獲された身長70センチほどのサルに似ている宇宙人は、墜落した宇宙船に搭乗していたとして長く信じられてきたが、実は、この特集はエイプリルフール用に作られたもので、宇宙人捕獲の写真も、様々な写真を合成して掲載したことがわかった。写真が掲載された次の50年4月5日号で、こうした一連の「種明かし」が行われていたからだ、と同サイトは伝えている。
「サルの形やグレータイプも宇宙人ではありません」、、、エクサイトニュースより転載、、、
今、てふてふはべる氏のよると、合成写真が物議をかもしだしているらしい、、、(杉本)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2012-04-25 22:55 | 金城哲夫