沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu
当ブログ管理上、平均記事数を削減しております(杉本)、、、


金城哲夫さんの関係する作品ではありませんが、7月7日の円谷英二監督の誕生日であり、円谷英二監督や円谷一氏と緊密な御関係であったという事で、紹介いたします。


No.  (サブタイトルなし)脚本  監督             ゲスト
1     関沢新一      長谷部安春      青島幸男、応欄芳 、大泉あきら  
2     関沢新一      長谷部安春      塚田茂、宝生あやこ、Wけんじ
3     長野 洋       満田かずほ     内藤陳、水森亜土、毒蝮三太夫     
4     石松愛弘      満田かずほ      米倉斎加年、市川和子
5     長野 洋      満田かずほ      石立鉄男、宮城千賀子、左ト全、太田博之
6     石松愛弘      満田かずほ     三遊亭歌奴、一ノ木真弓、阿部京子
7     長野 洋      青野 暉       コロンビアトップライト、砂川啓介、楠トシエ(2・19)
8     真弓典正      川島 伸、満田かずほ  山本陽子、柳谷小さん、小ゑん、牟田悌三
9     加恵雅子      青野 暉           伴淳三郎、悠木千帆、世志凡太、砂塚秀夫
10    長野 洋      鍛冶 昇      沖山秀子、春江ふかみ(3・11)
11    石松愛弘      鍛冶 昇     関千恵子、堺左千夫、潮万太郎(3・18)

きちんとしたリストにしたかったが、かずほ氏の が漢字が出せなかったです。7話は大原氏の名前なし。桜井氏が加わる。8、9話も桜井氏の名前のみ確認。10、11話は大原・桜井両氏のお名前を確認。

スタッフは、敬称略で、
監修・円谷英二
プロデューサー・円谷一、忠隅昌(TBS)、河島治之(TBS)
音楽・広瀬健次郎、小山恭弘
撮影・佐川和夫ほか、  照明・浅沼旦生ほか、  録音・原田浩、アオイスタジオ
美術・鈴木儀雄   効果・坂井三郎  助監督・平沼元昭
制作主任・高橋憲三  制作進行・南條記良  仕上げ進行・小久保輝吉
現像・東京現像所  光学・宮重道久  作画・木村金男

撮影助手・鈴木健治、大岡新一ほか  編集助手・小林煕昌  美術助手・白熊栄治

(参考文献・中日新聞、宇宙船、円谷特撮ヒーロー、30周年記念CD、
&1973年当時の聞き取り=円谷プロ・立石じゅん氏から)


円谷特技プロから円谷プロとなった、同社の『チビラくん』の前に制作された、円谷英二監修に依る、CS放送及びソフト化されていない、最後の作品である。
平成4年の「宇宙船」に、満田監督が、ようやく出演者についてふれている。(p62-63)
それまでは、簡単な紹介だけであった。

1970年1月7日スタート。夜9:00~9:30
サブタイトルなし。
「アパートの鍵貸します」をヒントに、「孤独のメス」を最後に円谷プロへ移籍した円谷一氏の、同社での初プロデュース作品である。1千万の借金を抱えて、そのローン返済の為に苦労する
サラリーマンの村上貫一(演・なべおさみ氏)と、彼をとりまく人々の笑いを誘うコメディーである。
レギュラーは、マンションの貸借人・ひろみを、柏木由紀子氏、貫一のおじさんで、タクシードライバーの玉男を、ミッキー安川氏、キャバレー勤めで、貫一の隣の住人、かつ1000円で貫一のアパート掃除のバイトをしているあやめを、大原麗子氏、後半10話頃から出演した、あやめ と同じキャバレー勤務の、あやの を、
桜井浩子氏が演じている。社長を千秋実氏、ナレーターは野沢那智氏。
制作は円谷プロとTBS(縦表記のクレジット)
傘をさしてスローモーションで踊っている、なべ氏がタイトルバックであった記憶。

|
f0226161_1114353.jpg
f0226161_11141990.jpg



2010年7月7日から移転、円谷プロで金城哲夫さんと離れている記事は、
創設者に返還し、下請けメロなどは、某ブログへ移転。
創設者からは内密に、との事でした(杉本)。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2012-03-24 18:17 | 資料