沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

タグ:小説・ウルトラマン ( 1 ) タグの人気記事

 「金城哲夫研究・6号」の編集後記は何とか書いた、、、
あとは沖縄で、本日の連休明けにS代表が打ち合わせを各地でする、、、

さて、私も「小説・ウルトラマン」を持っているが、
発表は同著、解説ページ(元山氏)によると、1967年の夏頃となっており、
挿絵もあったようだ、、、

ハヤタは25歳、「ムラマツ班」所属の5名の一人。
科学特捜隊は、そういう班がいくつかあるようだ、、、

その頃の少年雑誌にも大伴氏ほかによって、そのような事が書かれていた、、、

ストーリー構成は、後半はでぃぷろどくす君が書いたように、
連続物になっている、、、

が、最後の会議でもメフィラス星人は登場するし、
ピグモンは小説ではツィフオン事件で初登場であるが、

ジェロニモン事件での再登場の時は
「多々良島でレッドキングにやられて、死んだはずのピグモン」
と、映像作品と同じになっている、、、

うまくに解釈すると、ツィフオン事件が多々良島でおきたのか?

>ざんぶろんぞ氏からBSの昨日の番組に関して訊かれたが、
「金城哲夫」氏を追求する私は、あの番組は観なかった、、、
観ない理由は他にもあるが、、、

   (杉本一夫)

f0226161_3295525.jpg

©金城哲夫資料館、松風苑
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-10-11 03:31 | 金城哲夫