沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

タグ:スポットCM ( 2 ) タグの人気記事

思い出したこと、2題

>「金城哲夫研究」の販売代理店などが一部変更となりましたので、
過去記事の2010年4,5月の記事を修正致しました。
その為、かなり「格納」致しました。

>『ウルトラQ』を鑑賞していて、当時のスポットCM
に関して思い出しました。①と③ですが①にナメゴンの動く映像、
③に「鳥を見た」の警察署の天井から足が降りてくるシーンが
中間にありました。これで確実となりました。また、栫井氏の記憶と違い、
彼が3本観たとき、完成していたなかには「悪魔ッ子」はポストプロが
長引いていたので、「あけてくれ」の方が確実ですし、「怪獣路線にした」
というのは「ゴメスを倒せ!」がターニングポイントですので、
通説通りですと作らないはずの「1/8計画」を完成させているので、
この辺りの調査は綿密にしないといけません。(てふてふはべる)

f0226161_2132274.jpg




松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を楽しむ日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。鋤焼きに懐石。美味しい味では敵いません。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

こうようクリニック  
      愛知県名古屋市東区代官町のクリニック。老人保健施設も併設。
      心療内科も新設(新患は月、金に予約で。午前は1、3週に予約)。
 
      理事長・院長:市川佳明
      http://www.nagoya.aichi.med.or.jp/higashiku/9363578/

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1~4号扱っております。正式紹介。
      現在、5号も発売中(担当:渡邊)
      http://  www.jinon.ginowan.okinawa.jp
>5号が品切れらしく、本日追加発送致しました。
   ご注文いただいた方にご迷惑おかけいたしました。
   ご注文者はお店の個人情報にて、当研究会には分らないようになっております。
    (渡邊:7月28日、19:15記)


「金城哲夫研究」販売各店
>www7.plala.or.jp/akiz/akiz.html
蜻(あきず)文庫にて、BOOKSじのんと同様、全国への通販可能。
(担当:世良)
>「ゴジラや」さんでも4号まで契約致しましております。
まだ、担当者の渡邊が本職で当直入りバタバタしてさぼっております。
(7月30日に連絡とりまして8月1日に発送いたします=名刺を探しておりました!)
            (担当:渡邊)
>岡山の関連各店にても販売
>沖縄・桜坂劇場でも扱って頂いております。
現在、創刊号が2冊のみ。通巻5号入荷致しました。(担当:佐藤)

>渡邊が担当しておりましたジュンク堂は、大阪、名古屋、藤沢と契約終了いたしました。
以後は「BOOKSじのん」さん、「ゴジラや」さんでお願いしていきます。
榕樹書房(沖縄)は、1,2号の扱いあります。
8月だけ当ブログ訪問者に特別販売あります。1~5号で20セットのみ
2500円を2000円で。希望者はコメント欄に鍵でお願い致します。
但し、20名超えた時は御容赦下さい、(杉本)

>沖縄「画廊沖縄」でも扱ってくださっております→
「金城哲夫プロジェクト」運営用にあてさせていただきます。(担当:佐藤)
沖縄でのイベントの基金の足しにさせて頂きます。
「松風苑」にてもおかさせて頂いております
お料理をお召し上がりの方には支配人からプレゼント。(佐藤)
>「金城哲夫プロジェクト・告知板」主に沖縄ローカルの話題を提供・美術評論
http://fsauto660.blog136.fc2.com/ 
随時、情報を出していきます(佐藤 担当)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-08-06 21:32 | 金城哲夫

スポットCM・2題紹介

ついついヘンなところに目が行きますが、「戦え!MJ」12話「マィティ号を取り返せ(前編)」の、Qの攻撃シーンにテレスドンに似た怪獣が、一瞬登場しますが、あれは何だったのでしょうか?

スポットCM紹介
「ウルトラマンレオ」・・・MACの隊長・モロボシダンはウルトラセブンだ。このウルトラセブンが、双子怪獣とマグマ星人に依って命を失いかけた時、救ってくれたのがウルトラマンレオだ。金曜夜7時。
当時のTBSアナによる。

「トリプルファイター」・・・グリーンファイター、頭脳の哲夫、レッドファイター、力の勇二、そしてオレンジファイターは身軽な妹、ユリ、この3兄弟のトリプル変身が宇宙の悪から地球を守る・トリプルファイター夕方5時5分(名古屋に於いて)・・・村越伊知郎氏による。

カセット音源が見つかったので、一寸一息。ジャンボーグAも浦野光氏ナレーションのが見つかりましたので、字起こししておきます。

(渡邊豊信・情報、書記・でぃぷろどくす)

f0226161_12392029.jpg

円谷プロとしても、東宝下請けでなく、自主で「愛の劇場」シリーズを制作したかったようです。
有名な「忍ぶ川」。1998年の松風苑にて撮影。



<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を楽しむ日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
お勧め・お昼は松華堂弁当とウマチー弁当がお勧めです。美味しいです!!
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

こうようクリニック  
      愛知県名古屋市東区代官町のクリニック。老人保健施設も併設。
      http://www.nagoya.aichi.med.or.jp/higashiku/9363578/

医学情報・漢字コーナー・最近、「流涎」を「りゅうえん」と発音する方が多いですが、正確には「りゅうぜん」と発音致します。また、「机下(きか)」「侍史(じし)」に未だに「御」をつけられる方が多いですが、「机下」「侍史」そのものに、目上に対する尊敬を含んでおりますので、「先生御侍史」は、「大先生さまさま」になります。
また、「口腔」が、本来「こうこう」であること。「肉芽(にくが)」を「にくげ」と発音するのも、如何かと思います。

本日、「精神科専門医」に関して、謝罪文が到着しましたが、HPでなく、ここはブログ(Weblog)ですので、いつか書いていきます。

f0226161_16492729.jpg
 

面接委員3名による厳正な審査・・・私は、「専門医」は格好つけだと思っているので、最初から申し込んでいない。お金も払っていない(10万もとられる)。レポート提出していない。それで「厳正なる審査」と言えるのか!!「不正」であり、落としたという理由も、出してないのに、「精神科素養に乏しい」など、名誉毀損もはなはだしい。今回、未提出者にこういう返事を出した事で、「精神神経学会」の審査員達が、如何にいい加減かを露呈した結果になった。毎年落として、もっともらしい理由つけて、4万ずつふんだくろうという魂胆であろう。
更に追記すると、「ずさんな」審査ではあっても、「厳正なる審査」ではないという、証拠もある。昨日、
「日本精神神経学会」事務局長には伝えたが、彼の責任ではなく、いい加減な審査をしたのは、審査員たちであろう。昨日の金沢地裁判決のATM窃盗ではないが、検察のずさんさとおなじであろう。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-09-01 16:45 | 告知