沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

金城哲夫研究・通巻5号

 いつものメンバーの原稿が集まり、依頼中のも5月末に到着する予定で、
それから編集開始いたします。
世良氏の【沖縄物語】の研究は最終に近づきます。
森本氏、大城氏はほぼ内容がかたまっており、
黒島氏の続きは6号になると思いますが、
上原美智子氏の【兄の思い出】の転載許可を3日前に頂きました。
大体の内容は決定してきております。

私事ですが、「金城哲夫研究・5号」で、編集幹事は
引退致しまして、若し元気であれば、
レトロスペクティブ調査団を不定期に投稿させて頂きます。

昨日、寝る寸前に地震を感じ、また仙台方面か?と思いましたら
愛知県の伊勢湾が震源地でした。

>讀賣新聞より転載>2011年4月25日0時2分発表
地震発生時刻 2011年4月24日23時57分ごろ 震源地(震央) 伊勢湾 深さ 約40km
緯度・経度 北緯34.9度 東経136.8度 地震の規模 マグニチュード 3.2
この地震による津波の心配はありません。
震度1 愛知県 愛知県東部田原市田原市赤羽根町 >との事です。

>4月25日記>昨日寝ぼけて書いたので支離滅裂でした。調子が悪いかも。

>また今月の29日から5月6日迄、ブータンへ行く為留守致します。
(渡邊豊信)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-25 04:19 | 金城哲夫

岸田さんの事

 金城哲夫さんと第一尚氏の関係は、もう少し先に書く事に
致します。

岸田今日子氏と甥の岸田森氏(金城哲夫氏との関係あり)
の事。

未だ詳細は書けないが、岸田一族は徳川吉宗時代に紀州藩から、
挙母藩(豊田市)に松平某が藩主と共に「師範」の立場で
態々来られた。

岸田今日子氏は『君待てども』のナレーションで有名だが、
岸田森氏は『怪奇大作戦』『帰ったきた~』で有名。

彼はチョウが好きで、金城哲夫氏の父親が経営していた百名の
「竜宮城」近くの浜川御嶽へ、チョウ採集に来られたそうである。

岸田森氏と金城家との関係も興味深い。

f0226161_21553736.jpg

(内容一部修正しました
いずれ「てふてふはべる」でまとめていきます…渡邊豊信)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-23 21:57 | 金城哲夫
渡邊豊信さん、スミマセン、、、。
昨日の記事は実に興味深く、金城哲夫さんの研究には必要になってくる事ですが、
ここに掲示するには時期尚早と判断し、独断にて格納致しました、、、
いずれ「解放記事」に致しますが、もう少し煮詰めて、小説の方を
先に仕上げて下さい、、、。

>それと、「金城哲夫研究・5号」の編集にての勇退、お疲れ様でしたが、
監修はこれからも時々お願いいたします、、、
(杉本一夫)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-21 18:50 | 業務連絡

特技監督と特撮監督

> リストを打ってもらってる際に気付いた。一部敬称略
東宝映画では、『ゴジラ』は特殊技術・円谷英二、『ゴジラの逆襲』以降、特技監督・圓谷英二、
『怪獣島の決戦・ゴジラの息子』は、特技監修・円谷英二、特技監督・有川貞昌、
『決戦!南海の大怪獣』は、有川氏も特殊技術となる。
映画はみなさんご存じですので、省きます。
テレビだと、円谷プロは、『ウルトラQ』は特技監督、『ウルトラマン』は前半までは特技監督、
以降は特殊技術表記。『~タロウ』の4クール最後あたりから特撮監督。『~レオ』は全部そう。『猿の軍団』は、1と26は特撮監督で、間は特殊技術と佐川和夫氏はクレジット。以降、『電光超人グリッドマン』迄、特撮監督。OVA,特番『~セブン』を除き、『~ティガ』から特技監督。
Pプロだと『マグマ大使』『怪獣王子』は、小嶋伸介氏が特撮監督。『スペクトルマン(宇宙猿人ゴリ)』は数話、的場徹氏と矢島信男氏が、特撮監督とクレジット。
ひろみプロ・東洋エ『サンダーマスク』では、金田啓治氏が特撮監督、
宣弘社でも『アイアンキング』は特技監督。東宝テレビでは『レインボーマン』は、有川氏単独だが特殊技術、『ダイヤモンドアイ』では真野田陽一氏が特技監督。『メガロマン』でも特技監督、間の『火曜日のあいつ』は、鈴木清氏が日本現代企画として特殊技術。
東宝映像では『流星人間ゾーン』、『日本沈没』は特殊技術、国際放映は、『水滸伝』で、有川氏は特技監督、『それいけカッチン』では高野氏が特撮監督、『西遊記』~『黄土の嵐』は特撮監督、
1970年後半からは東映テレビでも矢島氏に「特撮監督」とクレジット。創英舎の『小さなスーパーマン・ガンバロン』では大岡新一氏は特殊技術と撮影。
>円谷英二監督をたてて、というが、時系列にすると、ポリシーがないような感じである。
>個人的には、東宝、円谷プロは特技監督、それ以外は特撮監督と、制作会社で決めた方がいいような感じ。CGがない頃の一般映画での特殊効果の担当を特殊技術としたら良かったなぁ、と思う。
   (渡邊)

<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
     11月発行の3号も扱ってくださいます。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み)


こうようクリニック  
      愛知県名古屋市東区代官町の内科クリニック。老人保健施設も併設。
      心療内科も新設(新患は月、金に予約で。午前は1、3週に予約)。
 
      理事長・院長:市川佳明
       http://www.nagoya.aichi.med.or.jp/higashiku/9363578/
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-20 17:34 | 資料

「金城哲夫研究」販売店

 諸事情にて「金城哲夫研究」は、現行販売分以降は
ジュンク堂との取引は中止という事に私の独断でさせて頂きます。
今後は地方での販売は「BOOKSじのん」が今後もOKでしたら、そこでの
通信販売を主体にと考えております。
基本的に沖縄で印刷、製本、販売と、沖縄経済に貢献…といいたいですが、
本当の理由は伏せておきます。(渡邊豊信)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-14 19:26 | 告知

ホテル物語・夏!第二回

2話「お客様はエイリアン」1989.8.2放映
(敬称略)
制作・木下プロ、TBS
企画・飯島敏宏
プロデューサー・大谷弘、森田光則、浜井誠(TBS) 制作主任・広瀬昌弘
脚本・高橋正康、 音楽・渡辺博也、演出補・根本実樹、TK・稲葉明子
演出・森田光則

技術・桜井茂、カメラ・小野田芳夫、照明・舞田弘法、
音声・中島実、音響効果・小堀叡智、編集・青沼邦治、
カラー調整・山本豊、美術・石田道昭、丸山俊史、
衣装・水野美樹子、メイク・滝波麻子、
東宝舞台、小道具・小川満政、主題歌・谷村有美
               「明日の恋に投げKISS」
協力・東通、緑山スタジオシティ
(少しキャストやスタッフ名多く書いてみました)



ゲスト・ジェームス三木、布川利和、久保幸一、保沢直子

山下真司(村崎俊一)、国生さゆり(村崎亜沙子)、宮崎萬純(森本)、石黒賢(石田新)、
未来貴子(美川)、山下規介(清水)、鶴田真由(三沢)、益岡徹(大岩支配人)、
ヒロコグレース(ナオミ山田)、羽田美智子(西村)、妹尾洸(青木)
阿知波悟美(栗田)、宮下直紀(浜野)、阿藤海(藤田)、
すまけい(村崎の父・与四春)、原千佐子(2話にも出演なし)ほか

>未だ「ツインズ」の紹介もされ、シュワルツネッガーは俳優だった時代。

>タダ宿泊のスキッパーが多いという話とヌーベルキュージーヌの解説からはじまる。
オープニング開始。村崎俊一の料理を試食する親のすまけい、、、
全部は試食する。結果、デザートだけメニューに加えろ、との発言で仕事開始。
清水は森本と亜沙子に慕われている。お客であるジェームス三木と布川、、、
食べたフランス料理が美味しいと涙流す、ジェームス三木、スプーン曲げる布川、、
カウンターで三木に誘われる布川、、、三木は自殺を図ろうとし、
それを予知?する布川、、、布川からの電話で三木は助かるが
事業に失敗して不渡りを出したという、、、山下(清水)がなぐさめる、、、
「もう一度やりなおす・・・」とリゾートホテルから帰るジェームス三木、、、。
布川は野村といい、亜沙子の中学の同級生だった、、、予感の持ち主か?
野村は麻雀で負けてお金がない、と、ホテルを逃げようとするところを俊一
につかまる、、、銀行へ行くからと少し時間待ってくれ、といって出て行く、
スキッパーだったのだろうか?いや、ちゃんと銀行行きチェックアウト出来た、、
その一方で、USAから来るはずのMr.スポックのマジックショーが欠航の為来れず、、
代理として野村にお話しがくる。引き受ける野村。念力で振り子動かし、スプーン
曲げをする。失敗する。透視もうまくいかず、、、気に病む野村、、、
彼は出来る時と出来ないときがあり、昔文化祭でインチキした事があり、
それがトラウマとなっていた、、、
もうダメと思いきや、帰りに晴れているのに傘さすと、雨が降りだし、
一同驚く、、、。

>大体、そんなストーリー、、、
感想>後の作品で予知能力の持ち主となるキリノマキオが若かった、、、

   (DD記)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-13 15:48 | 映像
そろそろ原稿が届き始めました。
画像はこちらにも到着し、渡邊が原稿の方を割り振りしてから、
版下出すまでの作業をすすめます。

同氏は本年は他の件と来週の日曜日の件で動きがとれないので、
私と「ホテル物語」の記事をでぃぷろどくす氏で、扱います、、、

また、読者寄稿も歓迎いたしますので、
佐藤氏のウルトラアート宛てにお送り下さい、、、。
       (杉本一夫)

>ざんぶろんぞ様、御多忙中、スパム除去、深謝であります、、、
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-11 08:43 | 金城哲夫
 ガダルカナルへ行っている間に以前から話題であった
『ウルトラQ・カラー版』のディスクがDVDとBLで、BOX仕様で2回に
わけて発売される事が決定したらしいです。
夏と冬に14話ずつ。詳細は円谷プロのHPを御覧下さい。
ここでは紹介にとどめます。(渡邊)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-09 05:37 | 告知
追記
>> 4/9(土)急遽決定の「ホームカミング」情報をお送りします。
http://home-coming.jp
http://www.humax-cinema.co.jp
初日は本編上映のほかに
1.「監督飯島敏宏 2010年の挑戦」(50分)上映 と
2.書籍:飯島敏宏「ウルトラマン」から「金曜日の妻たちへ」販売
    及びサイン会 があるとの事です。
> 銀座シネパトス
tel03(3561)4660/fax03(3561)4058> c.ginza@humax-cinema.co.jp

「2020年の挑戦」の共同脚本は金城哲夫さんですので、
当ブログでも堂々告知です。

(渡邊豊信)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-06 23:30 | 告知

ホテル物語・夏!第一回

1話「私が水着にきがえたら」1989.7.26放映
(敬称略)
制作・木下プロ、TBS
企画・飯島敏宏
プロデューサー・大谷弘、森田光則、浜井誠(TBS) 制作主任・広瀬昌弘
脚本・高橋正康、 音楽・渡辺博也、演出補・根本実樹
演出・森田光則(少しキャスト名多く書いてみました)

ゲスト・浅野ゆう子(入江)

山下真司(村崎)、国生さゆり(村崎亜沙子)、宮崎萬純(森本)、石黒賢(石田新)、
未来貴子、山下規介、鶴田真由、益岡徹(大岩)、ヒロコグレース(ナオミ山田)
阿知波悟美、宮下直紀(キリノマキオ…いや、浜野)、阿藤海(藤田)、
すまけい(村崎の父)、原千佐子(1話には出演なし)ほか

>開店して1週間の某ホテルのシェフ、すまけいは頑固者で若い料理人と合わない。
冒頭は、ホテルでおぼれかけた客を助けるところから始める。
結局、殆どの料理人は退職。すまけいの子供は山下と国生。すまけいもギックリ腰になるし、
ホテルチェックマン?と浅野ゆう子を疑う支配人・益岡は気がかりではない。
岸田森いや、石田新役の石黒は亜沙子に好意寄せている。兄の山下は外国に居る。
偶然、その山下がホテルに来た。初対面が宮崎。フランスで10年修行し、浅野ゆう子
が呼んだと分った。すまけいは、山下にカモさばきで腕試しをする、と相変わらず頑固。
「ホテルのため」と浅野、支配人に説得されすまけいもしぶしぶ承諾。
偶然、退職した山下規介ほかも戻ってきた。
次の事件はダイアモンドを紛失したというお客。
同じ頃、ホテルオープンのレセプションがはじまる。すまけいがぎっくり腰にまたなり、
メインディシュを山下が急きょ作るが、すまけいの味を求めてきた客もあり。
何とかダイアも見つかる。(ジルコンのイミテーションだった!!)客は喜ぶ。
ソース替えた事に一時は憤慨したが、浅野の説得ですまけいはとりあえず了解。
レセプション終わり、帰ろうとする山下。またまた怒れてきたすまけいは、山下に
ホテルに残って俺に挑戦せよ、と、プールで格闘。まわりは親子水入らずだね、
と、メデタシメデタシ、、、

>(浅野の食べ方が、宍倉プロデューサーの円谷作品『グルメを…~』
に似ていて思わずニンマリ、、、

>「太陽の笑顔・金城哲夫」の原稿を当会に寄稿していただきました
飯島監督の木下プロ作品もガダルカナルに居る渡邊から借りた映像を元に
紹介していきます、、、(DD記)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-06 23:19 | 資料