沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

<   2010年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「変身」と「悪魔ッ子」

 二つの作品、どちらが先か?
以前にも杉本キャメラマンをキーワードに書いたが、金城哲夫原案の「変身」と、
熊谷健原案の「悪魔ッ子」は、どちらも北沢杏子に依るシナリオだが、
一部に後者の方が先に撮られたという記載もある。
クランクインは仮に後者のが先としても、シナリオの内容からすると、相馬・杉本の
毎日新報の記者とキャメラマンのコンビは、「変身」で登場し、「悪魔ッ子」で杉本は
遭難している。そうなんですか?と駄洒落いってる場合ではない。
実際、3本セットで、クランクインして、
「マンモス・フラワー(完成作品は「マンモスフラワー」)」の1話は異論ないとして、
2,3話は、くどいようだが脚本的に「変身」が先である。
また、初回放映の石坂浩二のナレーションは、2クールの後半の発音であり、
DVD発売前の流通番の方が、先に収録した音感である。
完成が遅れたのであろう、というのは、「金城哲夫研究・通巻3号」に記した通りである。
同じ紀要に、「音楽を聴いて下さい」の注釈も書いた。
「マンモスフラワー」「変身」「宇宙からの贈りもの」、短縮されているが、「あけてくれ」
もその最初のテーマである。中盤からのテーマ曲が、「悪魔ッ子」に使用されており、
完成が遅れた事は、それが物語っている。
『宇宙船』に掲載されたと記憶しているキヌタ・ラボラトリーの録音日誌と
照合せねばなるまいが、メモとか記録も完全ではないことは、他の調査でも
感じるところではある。当事者個人の思い入れは大事にはしたいが、なるだけ史実を
解明していきたい。   (久々に渡邊)


<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2、3号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
      「33年目の同窓会」DVDも扱ってくださるとの事。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み)


f0226161_8452056.jpg

>沖縄芸大祭情報・画像貼付(まやはべる、杉本一夫)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-13 00:33 | 金城哲夫

金城さんのシナリオ集

 1984年のソノラマ文庫「ノンマルトの使者」と、
1985年の「宇宙からの贈りもの」、どちらも、完成台本ではないので、読んでいて面白い。
例えば、ウルトラセブンの第1話の最終部分では、ダンの地球の為に頑張るぞ、
という決意表明や、ダン(→キリヤマである:11.12渡邊)が、セブンと名づけた事などが分る。詳細なる事は夜、また書くが、後者のあとがきもよい。
福島正実氏の御子息の加藤まさし氏の寄稿文と、金城・福島両氏、
お二人の写真の掲載などファンには嬉しいシナリオ集である。

<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2、3号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み)


f0226161_8294834.jpg


>『宇宙からの贈りもの』のシナリオ集には、金城哲夫と、福島正実氏が
にこやかに並んで写っている写真が、福島の実の息子である加藤まさし氏によって
自筆の文と共に紹介されている。丁度、沖縄海洋博直前の写真である。
また、『ウルトラマン』では、TBSサイド制作の「ウルトラマン誕生」~ゴルゴスや
ガボラも登場!!ゴメス、ピグモンの登場となっている。「恐怖のルート87」では、
スタッフに―担当、樋口祐三氏(TBS映画部)、チーフとして三輪俊道氏の名が連なって
いる。プロデューサーは、末安昌美氏のみだが、「担当」「チーフ」はTBSのPとみてよいで
あろう。「禁じられた言葉」から、担当は樋口氏の儘だが、チーフは円谷一氏となっている。
「小さな英雄」も同じである。前年のシナリオ集『ノンマルトの使者』は、
『ウルトラマン』「まぼろしの雪山」からの掲載。ここでも、チーフは円谷一氏となっている。
「さらばウルトラマン」も同じ。『ウルトラセブン』は「姿なき挑戦者」から。Pとして、
末安昌美、三輪俊道両氏の名前が記載されている。p.76-77に、ダンの決意表明。
セブンと名付けたのはキリヤマ隊長である。「狙われた街」は、作品との違いは、
他にもあるが(ダンプとの追跡後、ビデオシーバーにメトロン星人が写るなど)詳細
は省くが、エンディングナレーションは、かって語られたように金城のシナリオには
無く、実相寺監督によって書き加えられた。「ノンマルトの使者」「史上最大の侵略」
は、Pは橋本洋二氏となっている。『~Q』は前者のシナリオ集に、『WOO』(Pは円谷皐氏)
は前年発行の後者のシナリオ集に掲載。同人誌『モノリス』2号には
「海底原人ラゴン」のシナリオ
掲載があったが、TBSのPは栫井巍氏と書いてあった。Pではないが、三輪氏は
『ウルトラマン』にも、チーフという肩書で参加されている事が判明した。
また、続きは次回。円谷作品の系譜は、あるブログに書いている最中です。
    (11.12:渡邊豊信 記)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-11 08:29 | 金城哲夫
 主宰より送られた、「ガープ」の1号。
これは、金城哲夫特集である。
そして、ウン十年前の小学5年生に掲載された、黒沼健氏の短編小説。
とりあえず紹介、主宰が気が向いたら、コメント書くとの事、(杉本)

今後の運営
 渡邊氏から依頼あり、杉本が、基本的にここを運営、
管理はとりろばいど氏ほかでしていきます、
雑誌・「金城哲夫研究」以外の知見を、ここで提示していきます、



情報
>OTVに要注意!!(情報解禁までお待ちください)
>『ウルトラQ』の本編記録をされた田中敦子さんプロデュースによる証言と映像を組み合わせた作品、もう一部で某BBSなどで先取り告知されておりますが、正式にBSにて放送される事を発表する許可がおりました。年末年始の放送予定だそうです。未だ撮影中との事(渡邊)

→「ぼくらのウルトラマン伝説」2011年1月1日午後10時、BS日テレとの事、
   11月28日に記事書いてもらってます(11.27:渡邊)

<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2、3号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

ジュンク堂。大阪店にて「金城哲夫研究」は再契約となりました。
蜻文庫でも通販可能。


岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み)


f0226161_831195.jpg



>私が、1993年に沖縄で偶然入手した雑誌。3号まであり。
映画「パイパティローマ」の特集号もあり。
3号まで、玉城優子(現・ゆう子)氏の沖縄タイムス連載
「沖縄を愛したウルトラマン」の転載あり。だからねー、素晴らしい雑誌。
右の切り抜き記事?は、兄の頃の小学5年生に掲載された黒沼健氏の短編小説のコピー。
こちらも杉本氏に管理してもらっているはずだが、
本物は、切り取りなく、沖縄本部にて管理されているんだはず(渡邊)。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-09 08:31 | 金城哲夫
 1993年パナリ本舗刊。
巻末の資料は、2010年の現時点では、訂正部分が必要となってきたが、
金城哲夫の沖縄時代を知る為には有用な書物。
『吉屋チルー物語』の内容の意味も、オリジナルの儘、大和口で書かれており、参考になる。
f0226161_92744.jpg


追記
310ページ。発行日は1993年7月5日。
金城哲夫 著
発行:『金城哲夫の世界』実行委員会←パナリ本舗から訂正(但し、住所が一緒)。

映画『吉屋チルー物語』、沖縄芝居6作品、ラジオドラマ5作品のシナリオ収録あり。
「原屋の太良」のみ、オリジナルで沖縄口。あとは大和口の原文のまま収録されてました。
内地の方が、その意味を解釈する上で、貴重な一品です。

現在、当方の手元になく、当会の本部2か所(本部:沖縄、ブログ運営:岡山)に
保管されており、
解説は簡単にとどめておきます。
希望者は、ここで、紹介させていただいている、古本ショップの
BOOKS じのん 様に捜索で依頼されると、古書にて入手出来るかも知れません。
       (渡邊豊信)

>「金城哲夫研究」3号の訂正2 編集部(渡邊担当)p10、11行目
   『33回目の同窓会』制作委員会→『33年目の同窓会』制作委員会
  4号発行時にも訂正いたしますが、謹んで訂正いたします。(渡邊)
>www7.plala.or.jp/akiz/akiz.html
蜻(あきず)文庫にて、BOOKSじのんと同様、全国への通販可能。
岡山の関連各店にても販売;11月10日時点(渡邊)


<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2、3号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-08 09:27 | 金城哲夫

「煙の王様」を観る

 1962年作品の円谷一氏演出による「煙の王様」を久々に観る。最近、1964年「いまに見ておれ」を7年ぶりに観たばかりだが、こちらはTBSチャンネルで放送されたものである。
金城哲夫氏デビューの「絆」の後ではあるが、同じ年の作品だ。
タイトルが、アニメであった記憶なので、確認すると、やはり河島治之氏。演出補には、『月曜日の男』「ペン先のレクイエム」などの金城作品を演出した岩崎守尚氏や、ほかに村木良彦氏、樋口祐三氏の名が見られた。『純愛』シリーズのチームであり、これが、後の『ウルトラマン』「恐怖のルート87」や「まぼろしの雪山」へ至る系譜となりそう。お話の内容は、屡、他の書籍に紹介されているので割愛するが、佐々木功氏や、後年時代劇で活躍した市川好郎氏演ずるポパイが、生き生きと描かれている。脚本の生田直親氏は、山浦氏と共に金城の師匠にあたる点も今後の考察に値する。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-07 13:12 | 映像
 沖縄初のウチナー口映画として語られていた事。世良さんの調査で、それは正確ではないことが判明してきたそうです、確かに『吉屋チルー物語』は、傑作という前提の元に、史実はしっかりと修正しなければなりません。現在のところ、
1961頃企画、一部撮影開始
1962シナリオ完成、撮影
1963完成、編集、ポストプロ
1965初上映、といった流れでしょうか?

 因みに渡邊から受けとった世良氏・著、ボーダーインク『沖縄劇映画大全』や、『金城哲夫研究』の記事の意味を、今回NHK沖縄の番組ではっきり知った、
1958年の乙姫劇団の映画、清村悦子さんはかわいい、金城さんが『吉屋チルー物語』の主役に抜擢するはず、しかもカラー、
11月1日の夜にその情報を知って、(まやはべると、沖縄にいたある人物からの情報で、)客として参加した、芸大祭頃から滞在して、昨日拝見した、
これからも新知見、改定しなければならない事が出てくると思う、

    (杉本一夫)

<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2、3号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

f0226161_8545614.jpg
f0226161_855133.jpg


>9月にも公開いたしましたが、アップ画像にて「こんなに愛して」の放映日、再度新聞資料を御覧頂こうと、思いまして公開いたします、1964年、という事で念押しいたします、事実の積み重ねをしていって、本論にはいるように、との事でした、
『吉屋チルー物語』は、現時点では、上映年度でなく、完成年度1963年で、此処は統一していきます、
                      (杉本一夫)

>『沖縄映画大全』→『沖縄劇映画大全』修正(11.10)。
NHKの番組は、密かに11月1日に沖縄侵入していた、
某渡邊が、偶然番組案内を観てしまった
のですが、清村さんが綺麗でした。(11.10:渡邊豊信)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-06 01:13 | 金城哲夫
 沖縄芸大祭「金城哲夫生誕祭2010」は、終了。
今年の当会関係の行事は、一段落、あとは名義管理人からの資料の記述のみしていきます、
     (杉本)  


<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2、3号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

f0226161_857277.jpg

[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-04 15:00 | イベント
 一時期、金城哲夫さんの海洋博への関わりは、閉会式の式典(1976.1.18)、
と「日本の日」の式典(1975.12.6-7)の演出と、テレビやラジオでの広報と、
されてきた。が、福島正実氏が、ある件で、東宝から依頼を受けて、沖縄に来ていた頃、
金城さんも、東宝からの依頼で、海洋博に携わっていた事は、竹内博氏編集による、
金城さんのシナリオ集、『宇宙からの贈りもの:1985朝日ソノラマ刊』にある
加藤まさし氏のコメントや、当時のガイド誌に載っていた事で、それを知る者には
わかってはいた。沖縄館上映の映画に関しては、また、いずれ書くが、今回、
『歴史秘話ヒストリア』の50話で紹介されたように、前夜祭にも関わっていた。
それは、金城哲夫資料館に記録が残されていた。
式典・前夜祭は、本部シーサイドホテルで開催された。それの構成などのメモが
残されている。2010年2月に確認し、いつか公表したいと思っていた。
今回、沖縄芸大祭で、金城哲夫生誕祭2010があるという。
ここで、NHKの番組の放送も一段落したので、報告する。
©金城哲夫資料館

>「金城哲夫研究3号」は、じのん様の他に、ジュンク堂大阪本店とも再契約する事
になり、発送いたしました。11月1日の発行日には間に合うと思います。
>「金城哲夫生誕祭2010」の特別ゲスト(内定)の司会は、体調不良の渡邊に代わり、
大城氏に打診、快諾を得ました。
                  (渡邊)


<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2、3号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

>金城哲夫生誕祭2010 in 芸大祭・宣伝告知

日時 : 2010年11月2日(火)、3日(水・祝)
場所 : 沖縄県立芸術大学 一般教養棟3階 大講義室および301教室
内容 :「金城哲夫フォーラム2010」(講演ほか、3日、11時30分~、大講義室)
    予定出演者(大城信哉、大野隆之、玉城ゆう子)進行:大城
    「金城哲夫の思い出」(トークショー、3日、13時30分~、大講義室)
     東京より「ウルトラマン」シリーズの俳優を招聘(内定) 進行:大城(連投です!)
    「金城哲夫とウルトラアート2010」(美術展、2~3日、10~18時、302)
    プロのアーティスから小学生までの作品の展示
    ※金城の母校(与儀小学校)でのワークショップ作品 担当:佐藤
     『吉屋チルー物語』(2日)、
    『33年目の同窓会』(2,3日)(映画上映会、2~3日、大講義室)
   ※『33年目の同窓会』は金城未映像化脚本にヒントを得た作品、初上映
    「金城哲夫パネル展」(写真パネル展示、2~3日、大講義室)

主催 : 金城哲夫プロジェクト(佐藤)
共催 : 金城哲夫研究会、金城哲夫ファンクラブ(佐藤)
協力 : 沖縄県立芸術大学同窓会、沖縄県立芸術大学、松風苑
                   (佐藤文彦、まやはべる)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-02 19:25 | 金城哲夫
f0226161_14503250.jpg

11月1日発売開始予定
「金城哲夫研究」Vol1.No3(通巻3号)2010年11月1日・発売・芸大関係号
。「金城哲夫生誕祭2010」について…佐藤文彦(琉球絵師・研究会代表)
。幻の刑事ドラマ「沖縄物語③」・
   知られざるスタッフ&キャスト …世良利和(岡山大学非常勤講師・沖縄映画史)
。「制作だより」・「33年目の同窓会」・・・・編集部
。戦え!MJ「亡霊の仮面をはぎとれ」…立松智仁(自営業)
。『ウルトラQ』のクエスチョン……渡邊豊信(昆虫映像キャメラマン)
。金城哲夫の作家性について(1)『ウルトラQ』(Ⅲ…大城信哉(沖縄県立芸大非常勤講師)
。「かぐや姫・シナリオ一部抜粋」…金城哲夫©松風苑
訂正コーナー
編集後記(佐藤・渡邊)
表紙・絵(佐藤文彦)

表紙入れ40ページ、税込500円

>本日、じのん様から入荷のお話頂きました。
明後日には到着する予定です。岡山各店は、今週末から、順次入荷です。
芸大祭会場でも頒布致します。    (まやはべる)

<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
     11月発行の3号も扱ってくださいますとの事です(11月以降)。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み)


こうようクリニック  
      愛知県名古屋市東区代官町の内科クリニック。老人保健施設も併設。
      心療内科も新設(新患は月、金に予約で。午前は1、3週に予約)。
 
      理事長・院長:市川佳明
       http://www.nagoya.aichi.med.or.jp/higashiku/9363578/
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-01 00:06 | 金城哲夫