沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

<   2010年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 「続・昭和の情景」のブックレットに関して

 某ブログの「考察」を引用します
*以下引用文

2パターンのレコード用音源がアイテム化された理由については、仙台放送の「続・昭和の情景」解説書によると『各レコード会社の担当者に両バージョンを送り、どちらのバージョンを使用するかは、それぞれの担当者に任せたとの事。(日音の担当だった木山プロデューサーによる)』だが、そうすると少しおかしな事になる。歌い手こそ同じだが、TVとは微妙に違う歌で、しかも明らかに子供コーラスが出遅れるような曲を、わざわざ使うだろうか? これまであった「噂」の「Bタイプの方が先行して提供された」「Bタイプの方が使用料が安かった」の方が、NGタイプをレコード化した理由としてはしっくりくるのだが?

*以上引用終わり

この考察部分を「続・昭和の情景」の関係者に問い合わせて確認しました。
 
当時、木山さんは、レコード会社から、TVスタジオ屋の制作した、原盤は音が悪いと嫌味を言われていたそうなので、NG版のウルトラセブンの歌は、TVバージョンのタイプより、若干、音質が良いので、レコード会社の担当者はNG版を使用したのではないだろうか?という説もあります。

一応、冬木さん、木山さん、ザ・ワンダースの証言をもとにしたのと、NG版の方が先行していて発売されていれば、上記のような説も書けたのだが、NG版もTVバージョンもほぼ同時期に発売されたとなると、上記の説ではなりたたないと思います。

ブックレットの記事は、当時の録音関係者証言を直に聞いて書いておられますので裏付けがあります、この部分は再度確認しました。

「噂」と言えば以前にも書きましたが、『「盗まれたウルトラアイ」にザ・ワンダース の面々が出演した』という偽情報も流れておりましたが、全くの誤情報で当会も確認するまで信じていました、申し訳ありませんでした。
(この件に関しては実際に確認できて良かった、と思っています)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-31 00:04 | 資料

地方自治体作品覚書

 あるBBSにて、幻の作品「狼男対ゴジラ」のポスターを見てしまった。
この作品は未完成ではあったが、1971年、夏木陽介氏と竜雷太氏が司会し、スペクトルマンこと上西氏も出演した番組で、初公開された。夏木、竜両氏は上西氏と知り合いのようであった。
「なんだ、上西君ではないか!!」
と、夏木氏。その頃のタレント名簿録には、夏木氏は東宝と三船プロに所属、竜氏は三船プロに所属されていた。
脱線したが、その「狼男対ゴジラ」は、かなり長期にわたり撮影され、渡邊もアナウンサー役で出演まではした。そして、ローカルヒーローといえば、愛知県だけをターゲットに襲い来るインベーダーと交戦する愛知医科防衛隊。今、一宮の病院で活躍されており、評論家の N(Kともいう)・I氏や、操演のベテランとなったI・N氏と高校時代、関東で同級だったT.H氏の生み出した作品である。
1974年に発表、1975年「愛知医科防衛マン」と続き、1976年は、アニメを手掛ける。
1979年、愛知県ローカルヒーロー・「ボイスマン」が誕生した。「ボイスマン」は、愛知県を守る為だけに活躍する。5作品出来たが、フィルムは8ミリリバーサルなので、続編のためにオリジナルは切り刻み、流用シーンにした。だから某所にあるビデオしか残っていない。画像は6月頃に貼ってある(はず)。後年、2001年に「愛防隊風雲録」を制作し、T.H氏には長官役で出演して頂いた。これも原版がない。その3年前、持病が悪化した為、「ウシトラ999」や「ヒグマ大使」を制作した。後者は、沖縄方言を知らない方には意味が分からない作品だったが、敵怪獣として、驚愕怪獣アギジャビヨー、植物怪獣シナサリンドー、カンガルー怪獣ヒンガワラバー、不良怪獣アシバグワーが登場し、敵の首領もチュムルチ(人間モドキ)を使ったり、ヒロインもいつもコーレークースを持って、ソーキそばを食べているクース様からもらった三線を弾いて、ヒグマ大使を呼び出したりした。そして、「魔菜瓶」という瓶をもらい、「いっぺーまさいびん」と叫んで、デバガメーを呼び出したりした。今、明かすが、「まーさいびん」から、「かめー」を連想して、怪獣デバガメーを編み出した。そして、敵の名前が、ゴーヤーデービルチャンプルーであった。
 だから、2008年頃の「マブヤー」の先取りをしていた!?と思う。その原点はH氏の愛知県ローカル作品を、沖縄ローカル作品にした事でしょうか?中学時代に考えていた「ボイスマン」は、「ミラーマン」をオマージュし、「声、若しくは音に類するものによって変身」する、世界展開の話であった。それを「愛知医科防衛隊」と合体させた。「ウシトラ999」も、原点は1982年に同人誌には投稿しており、全く内容が一緒。一生、進歩がないよう~(オジンギャグ、のつもり)
                                 (渡邊)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-30 08:07 | 映像
 以前にも書きましたが、円谷プロのメロドラマを書いていこうと思ったのは、
金城哲夫さんから離れるようで、実は関係があります。
古谷さんの著書にあるように、金城さんは、メロドラマを書こうとも思っておられた。
足跡をたどると、確かにSFの申し子である一面、屡、私も書いておりますが、
金城さんは、初期にはエンターティンメントの作品を手掛けてもいた。
確かに、沖縄芝居を原点とした『吉屋チルー物語』は、沖縄口を使った金城さんの
処女作ではある。
が、『沖縄物語』の製作(共同PD)に関しては、世良氏の調査…上原さんのお話にも
あるように、内地用映画であり、「吹き替えの手もあります。」と、割り切っていた。
それは、沖縄へ学生時代に訪問団を作って行ったように、内地に沖縄を知らしめる為に、
沖縄を紹介するための作品と、割り切っていたように思う。
一つのヒントは、本日、琉球新報で、佐藤氏が記述した文を参考にしたい。
金城さんは、沖縄口(沖縄方言)を使ってはいけないという教育を小学校で体験された。
これが、あとあとまで、帰郷した金城さんを悩ますが、当時の教育を純粋に
受け入れなければ行けない気風であったと思う。
単語は別として、大城立裕先生もおっしゃっているように、本当の沖縄口はもうない。
現在、奨励しているのは、実はもうチャンプルーとなった、ウチナーヤマト口である。
大いに脱線したし、繰り返しのカキコミではあるが、今後もココは重要であるので、
書き留めておきたい。
 さて、メロドラマに戻りますが、金城さんは、デビューが、『純愛シリーズ』なのである。
円谷一監督の下、ここには、樋口祐三氏や満田穧氏がおられた。
金城さんの作風に、ここで影響を受けたという事は I 監督からのお話から類推して
大いにあると思う。『ウルトラマン』でいうと、「恐怖のルート87」「まぼろしの雪山」
は、この円谷一監督を中心とした、純愛シリーズのチームであった、樋口祐三監督作品
である。ここは、先ずこのブログにおいて、今後、展開していく事になるキーワード
であるので、書き留めておきたい。
 そして、もう一つ、のちに『君待てども』や『怪奇!巨大蜘蛛の館(脚本・田口成光)』
を演出した岡村精(まこと)監督である。1970年の吉田喜重監督の
ATG作品『煉獄エロイカ(脚本・山田正弘)』で、吉田喜重氏と共同で、
プロデュースもされている同氏は、『こちらウルトラ情報局』によると、玉川大学時代、
金城哲夫さんと同級生であった。また、金城さんが未だ円谷プロに在籍されていた頃の
1968年からの、『怪奇大作戦』で、助監督もされている。
金城さんは、『怪奇…』は、シナリオ面だけでいうと、確かに初期3本だが、
13話頃までは『戦え!MJ』に関わっていたし、『怪奇…』では、主題歌の作詞を担当
されているので、クレジットはないが、全作品が、フォノシートを購入した者にとっては、
金城さん、と、思っていた位である。確かに、上原氏の著書の通り、田口氏と共に信州
へ旅(旅行ではなく、)をされたり、『MJ』関係が一段落してから、
色々考え始めておられた時期ではあろう。
 で、岡村氏に戻る。1970『無常』の次のこのATG作品に関わった岡村氏は、再び、
『帰ってきた~』などの円谷作品の助監督をされ、『ウルトラマンA』『ジャンボーグA』
『ウルトラマンレオ』など担当し、円谷プロ名義の昼メロ『君待てども』を、
山際永三氏と共に担当する。
『ウルトラマンA』のバクタリという超獣の登場する回(脚本はウルトラシリーズの
山田正弘氏というより、2年前の映画で一緒に仕事されたから、と、類推する)の
カメラアングルとシュールな演出には1972年の当時、中学生であったので、
吃驚したものだ。『…レオ』『君待てども』『怪奇!巨大蜘蛛の館』でも、その
独特のタッチがみられる。『君待てども』は、1974年の夏に放映。ベータデッキが
出たばかり。録画できるテープが、60分で一本4000円。おこずかいは一日500円。
弁当込みである。中学頃から、お昼を抜いて貯金して、機械を買った思い出がある。
但し、ビデオデッキは、父親も使う関係で何故かあった。
私はテープ購入代をためていたのであろう。
夏休みは音楽カセットで録音しながら、視聴、9月は、ビデオに録ってもらい、チェック
したあと、音源にしたり、一部はその儘残したりした。ベータⅡ記録は1976年からなので、
そこからようやく2時間で、残せるようになった。音源は、更に短縮して、保存し、ビデオ
は、カビにやられたが、短縮版音源が、『君待てども』と『殺さないで!』は、発掘出来た。
後者も後半が見つかった。両作品とも、音楽は冬木透氏。『鳩子の海』とまた違った雰囲気
の作風で、どちらも『怪奇!巨大蜘蛛の館』に流用されている。脱線が多かったが、
金城哲夫氏と同級生であった、岡村精氏も忘れてはならない監督である。
そして、今、ウラ書きの前にノート書きで、『君待てども』をまとめております。

(一部敬称略・また、砲弾的放談ですので、踏襲しないで下さい。
漢字はコピペ自由です。難漢字は共有いたしましょう。  :渡邊)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-29 04:03 | 金城哲夫

明日の琉球新報

上映用『33年目の同窓会』も名古屋へ到着し、明日、沖縄へ行く「暗躍怪人」に転送。
私は、明後日までには結論出します。明後日から、某・東大で、「日本鱗翅学会」
があるからです。
「これは、鱗翅目(レピドプテラ)のモノだね」
「鱗翅目ってなんですか?」
「チョウか、蛾だね。事件は夜起こっているから、恐らく蛾だね。」
  ……『怪奇大作戦』「人喰い蛾(脚本・金城哲夫)」より。

広田郎さんも、DVD見て、「面白い」と、感想を述べられました。

琉球新報は、明後日でなく、明日の掲載になったそうです。
    (佐藤氏より入電、渡邊 記)

f0226161_114377.jpg


<広告>
 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2、3号扱っております。
      通信販売して頂けますので、渡邊への直接注文はございません。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-28 19:35 | 告知
 あるところで、「恐竜大戦争・アイゼンボーグ」という作品のリストを作成していた際に、
”かずほ”は、「さい」とか「かずほ」とか色々ためしておりましたが、穧は、「せい」で出る事が分りました。「あらたの」様からのデータもうまく貼れず、色々試して探し当てました。
難漢字
「せい」にて「穧」
「こう」にて「皐」
「さん」にて「粲」
「かこい」にて「栫井」と、もう、その儘出ます。
冊子・紀要もこれで大丈夫。
雑談でした・・・(渡邊)

宣伝です。芸大祭終了後の「33年目の同窓会」の権利は、下記に移譲します。
ビデオはセンターアイランド様に権利は委譲。
寝ぼけて異常な渡邊からの告知ですが、異状はありません。以上。

http://homepage3.nifty.com/center-i/index.htm
「33年目の同窓会」DVD販売HP
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-26 20:36 | 脚本
  >恐怖のルート87考察・4

 「ノンマルト~」と「地底~」が類似している話。
2010年9月29日の当ブログ内で、「地底GO!GO!GO!」のエピソードは、
「恐怖のルート87・3」で、考察しかけているが、ペンが進まないが、久々に書く。
ロボット?と書いたが、然し、「彼らは侵略者か先住民か分らない」と、している。
ロボットかどうかも分からない。地底生息用の防護服かも知れない。

衒学鬼さんが、私が失念していた本を紹介してくださっているが、上原氏は、金城氏が書
くようなエピソードを、円谷一監督に書かされていたという。出典の本は、
沖縄のさる料亭に今はある(はずだ)。
「ノンマルト~」も満田監督との打ち合わせで出たアイディアとは、
1992年以前には語られていた。逆に「そういう考察が間違っている」と言っている
方もいて、驚いた。
「私が愛したウルトラセブン」というフィクションから、
考察が変遷していった。
 仙台で御一緒した I 監督からも、「金城さんは太陽の笑顔の青年で、円谷時代は、
沖縄の事は語らなかった」と御教示して頂いた。つまり、現在の金城さんのイメージは、
後年数人で深読みして造られた虚像であると思う。I 監督の「太陽の笑顔」と、
創刊号の「光の国を守ろう」は、加筆されて、4号に収録させて頂く事になった。
シナリオ集で、沖縄を捜すと、1984年のソノラマ文庫『ノンマルトの使者』の
p,263『MJ』「爆破指令」のエンディングで、労務者をうまく利用したのは、
ベトナム戦争で、米軍が使用したようなアンフェタミンによく似たものだ、と、
英(はなぶさ)隊員が語っている(註:沖縄とは書かれていない)のと、
他には「タラー、ジラー」や「ジラース」、更には上原氏との会話で、
企画室内でまとまったという、チブル星人のような、言葉遊び位のような気がする。
(キングジョーは、金城さんの父親が、米軍につけられたニックネームという。)

これもやはりエンターティンメントとしての台詞と感じる。
 余談であるが、仙台のF氏とのお話で、ディクロスレイザとガイロス星人は、
この「地底~」から2週に亘って公募された。詳しくは、
F氏が書かれた、『続・昭和の情景』のブックレットを参照されたい。
 余談2>上述した著作・『戦え!MJ』「希望の空へとんで行け!」でも
p.275に、作品ではカットされたが、「ウルトラマンのようにたっている…」
というト書きがある。事実上、円谷プロ在籍での最後の脚本であるが、その時期でも、
こういう遊び心はみられる。
つまり、視聴者に対するサービスを忘れてはいなかった、と、私は思う。


一部、シナリオ転載で、不適切表現致しましたが、制作当時を尊重して、その儘といたします。
久々に渡邊が、リハビリ兼ねて書きました。無責任カキコミですので、踏襲しないで下さい。


                 (渡邊)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-25 18:34 | 金城哲夫
そういえば、先に話題になった「江戸の旋風」4シリーズ、26本をベータと8ミリビデオで保存していたが、何処にあるのか分らなくなった、、、
従ってその話題でなく、自分の事。先日、知人宅へ中古のテレビがあって、来年から地デジになるし、モニター用と思い、購入しようとしたが、画面がフリーズしていて、これはやめようと思った、、、杉本氏が、必死で、ノートから「西遊記」残り13話分とレギュラー、時代考証をうつして書いてます、、、との事、、連投にするため、日にちをかえます、渡邊氏は本日は仕事で、出勤、変なコメントは外しておきました、、、(でぃぷろどくす)
>スパン外しましたのは私です、、、ざんぶさんにお任せいたします、、(でぃぷろどくす)

f0226161_740775.jpg
f0226161_7402148.jpg
f0226161_7403435.jpg


>本日は、外来後、今月末締切の昆虫同好会用の原稿の校正をしておりました。
理科系ですが、文献とかは、本の題名は『』、記事は「」と、御教示頂き、
オーベンの先生の御指導通りにしておりました。今回は尊敬する神経内科の
先生等との共著でしたので、完璧でしたので、目を通すだけで済みました。
この理由で、ブログは兎も角、紀要はテレビシリーズでも
『ウルトラマン』「ウルトラ作戦第一号」という書き方にしていきます。
他者のものでも、ご本人の確認がとれたら、旧字体や難しい漢字で書いて
いきました。「態々(わざわざ)」は、著者に了解とれました(渡邊)。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-23 07:30 | 資料
「33年目の同窓会」、昨日午後8時40分に「ウソの予告編」200突破だそうです!!



http://www.youtube.com/watch?v=YXdbsBd83CQ
原案・金城哲夫「テツオとユウコ」より。
脚本・中島広宣  潤色・野次馬信男
製作・中島広宣、渡邊豊信   
企画・佐藤文彦(金城哲夫プロジェクト、金城哲夫ファンクラブ)
監督・撮影・編集・中島広宣
助監督・A氏&B氏  メイキング&キャスティング・I 氏
出演・古谷敏、原田あゆみ、丸山徹ほか(以上、敬称略)

制作・センターアイランド、アウローラ映像
企画協力・金城哲夫研究会
©金城哲夫、センターアイランド、松風苑       約20分

沖縄と東京を舞台にしたメロドラマ(でぃぷろどくす、まやはべる)
http://homepage3.nifty.com/center-i/sub1.htm -
>2009年6月に、金城哲夫 夫人から、映像化の許諾頂いておりました。当初、神戸ロケを予定しておりましたが、本年4月に諸般の事情(こればっか)にて、急きょ、東京での制作に致しました。
本年の6月は、「ヒストリア」「金城哲夫研究・2号」の校正などが重なり、非常にバタバタしておりました(渡邊)
f0226161_1358295.jpg
f0226161_135929.jpg

金城哲夫生誕祭2010 in 芸大祭・宣伝告知

日時 : 2010年11月2日(火)、3日(水・祝)
場所 : 沖縄県立芸術大学 一般教養棟3階 大講義室および301教室
内容 :「金城哲夫フォーラム2010」(講演ほか、3日、11時30分~、大講義室)
    予定出演者(大城信哉、大野隆之、玉城ゆう子)進行:大城
    「金城哲夫の思い出」(トークショー、3日、13時30分~、大講義室)
     東京より「ウルトラマン」シリーズの俳優を招聘(内定) 進行:金神(変更あり)
    「金城哲夫とウルトラアート2010」(美術展、2~3日、10~18時、302)
    プロのアーティスから小学生までの作品の展示
    ※金城の母校(与儀小学校)でのワークショップ作品 担当:佐藤、富本
     『吉屋チルー物語』(2日)、
    『33年目の同窓会』(2,3日)(映画上映会、2~3日、大講義室)
   ※『33年目の同窓会』は金城未映像化脚本にヒントを得た作品、初上映
    「金城哲夫パネル展」(写真パネル展示、2~3日、大講義室)

主催 : 金城哲夫プロジェクト(佐藤)
共催 : 金城哲夫研究会、金城哲夫ファンクラブ(佐藤)
協力 : 沖縄県立芸術大学同窓会、沖縄県立芸術大学、松風苑
                   (佐藤文彦、まやはべる)

>因みに渡邊や、ざんぶ、でぃぷろ、まやはべる、どんぶ、広田郎、杉本氏等が何回見てもカウントは増えず。つまり205人(書いてる時点)は御覧いただいたわけで、、、、(とりろばいど)

<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

こうようクリニック  
      愛知県名古屋市東区代官町の内科クリニック。老人保健施設も併設。
      心療内科も新設(新患は月、金に予約で。午前は1、3週に予約)。
 
      理事長・院長:市川佳明
       http://www.nagoya.aichi.med.or.jp/higashiku/9363578/
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-21 00:00 | 金城哲夫


平成22年10月18日「桜テレビ」より
動画貼り付けテストを兼ねて (ざんぶろんぞ)

>事情で、5月15日に致しました(渡邊)

>独断で10月20日に戻しました(とりろばいど)


<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
     11月発行の3号も扱ってくださいます。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み)


こうようクリニック  
      愛知県名古屋市東区代官町の内科クリニック。老人保健施設も併設。
      心療内科も新設(新患は月、金に予約で。午前は1、3週に予約)。
 
      理事長・院長:市川佳明
       http://www.nagoya.aichi.med.or.jp/higashiku/9363578/
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-20 16:05 | 映像
連投ですみません。
(敬称略)

7.寺田農、伊沢一郎、山本昌平、沖田駿一、清海勇造、今井和雄、若尾義昭、森下明、深作覚、
高橋正昭
8.宮園純子、原田清人、立川光貴、堺左千夫、津田和彦、茜ゆう子、大木史朗、西朱美、篠田薫、
田中祐治→田村祐治(2011.2.14訂正)、夏木順平、加藤茂雄、中岡好春、林優枝、柿木恵至、
9.佐藤蛾次郎、野平ゆき、草薙幸二郎、堀田真三、高木二朗、池田和歌子、北川欽三、三上剛、
鹿島信哉、草間璋夫、若原初子、岩本照雄、森しげき、有馬明良、福留幸雄、美舟洋子、佐藤和子、
山田キク、矢沢裕紀
>訂正後も、書き手のミスを残しておきたいので、其の儘残します。
これは、万が一、ここの記事を踏襲していただいた場合、「訂正箇所」が
分るように、と、渡邊氏の方針であります(杉本)。


(また、つづきます:杉本)

f0226161_13405352.jpg
f0226161_13411275.jpg

誰かの家のテレビ、、、


<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共とする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
     11月発行の3号も扱ってくださいます。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み


>最近、ある事情にて、「君待てども」の紹介をしていただいておりましたWebから、
円谷プロのメロドラマに関しての資料を、こちらのBLOGに転載致します。
当ブログには渡邊本人もカキコミ出来ますので、
元資料もありますから、直接の画像貼付は諸般の事情で出来ませんが(背景としての画像を除き)、過去、同人誌「ウルトラアイ」「ミステロイド」にペンネームなどで自ら書いた記事や、
別Webへ資料提供させていただいたものも、こちらへ転記することに致します。
(渡邊)
>渡邊から→日曜日に請求書が届き、月曜日に無事、あるヌイグルミ代金支払い一段落。
9月中旬にお聞きしていたBSの番組の撮影進行中だそうですが、渡邊からもう暫くオフレコで、
との事、昨日か一昨日に記した番組と、同じであるとの事、、、(でぃぷろどくす)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-20 08:12 | 資料