沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

<   2010年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

 中島氏の「怪獣人生」、ようやく読み終えました。
p.256に、金城哲夫さんの御芳名があり、衝動買いしたものの、2週間位かかりました。

f0226161_19163117.jpg


ところで、渡邊の円谷プロ作品の基準は、完全自主制作(「ウルトラシリーズ」など)、
特撮の下請け(「太平洋ひとりぽっち」や「西遊記」)、
全作品の下請け(「花王・愛の劇場」や「江戸」シリーズ)でありまして、
ぬいぐるみの貸出(フジテレビのスターボーリング大会のミラーマンや「潮風にとべウルトラマン」など)、
他社・円谷映像(現・エンターティンメント)における協力は、どちらが作品のベースになっているか?
であります。CF(有名な「隼」は勿論、1994年の「バルーン美女」も含め)や当時の映画雑誌にも紹介された「風と共に去りぬ」も円谷プロ作品です。勿論、自主のよる劇場映画やOVAも含めます。

因みに東宝下請けシリーズで、協力(実質)とクレジットされているのは、メロドラマでは「新妻鏡」、江戸シリーズでは、「江戸の激闘(とう、が出ない)」以降であります。時代劇スペシャルも、自主制作の怪談物2本、
東宝の下請けの「梅安」シリーズは2本、「振袖で御免」で、他の「梅安」シリーズ、時代劇スペの「江戸の旋風」は、円谷プロは下請けしておりません。(制作担当が、大出氏になっていることもそれを証明しております。)
また、作品になったもの、現在視聴可能なものとしております。


1978年の国際放映の「西遊記」は、特撮は円谷プロが下請けしてましたが、1979年の「西遊記Ⅱ」、1980年「猿飛佐助」「黄土の嵐」は、特撮を創英舎に移してました。
高野監督は、1978年早々から「西遊記」を担当されておりましたが、当時、円谷プロに問い合わせしましたら、デンフィルムに所属しておりますので、と御教示頂きました。1979年「炎の戦士メガロマン」は、デンフィルム所属での特技監督の担当。翌年の「~80」は、契約して特撮監督をされていた、という記憶であります。

難しいのは円谷エンタープライズ作品です。現在はないですが、渡邊は、当時は関連会社と受け取っておりました。「カバゴン~」はいいですが、エンタープライズ受審作品の「レ~マン」は、一応、関連作品としています。
「孤独のメス」のOPは円谷プロ作品とみなし、「ウルトラマン誕生」は、きわどく流れで放映されたので、OK。
TBSの「ウルトラQのオヤジ」、抹殺された岩波映画作品、NHK「私が愛した~セブン」も協力の度合いで、個人的には際どくセーフ?であります。これは単なる覚書であります。

ただ、此処は「金城哲夫」氏の研究会bLogですので、こちらは、未制作のも調査しております。


また、話変わりますが、
~「わがこころのMJ」の管理人様から、せっかく頂いた「かずほ」の貼りつけ方に苦労しております。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-31 19:58

「鞍馬天狗」仮資料



鞍馬天狗
No サブタイトル        脚本        監督 
1   御存知鞍馬天狗  田上 雄・成澤昌茂 高瀬昌弘
2   角兵衛獅子    成澤昌茂        中川信夫
3   新撰組始末    成澤昌茂        中川信夫
4   剣          成澤昌茂        森谷司郎
5   山獄党奇談    成澤昌茂        杉江敏男
6   白菊時雨      成澤昌茂        杉江敏男
7   天狗危うし     成澤昌茂        中川信夫
8   裏切る       國弘威雄        児玉 進
9   雁のたより    安部徹郎         児玉 進
10   鬼女の面    成澤昌茂         中川信夫 
11   人斬り     成澤昌茂          森谷司郎
12   乱れ琴     成澤昌茂         井上芳夫
13   地獄の門    成澤昌茂         井上芳夫
14   夜明け前    吉岡昭三         黒田義之
15   東寺の決闘   成澤昌茂         井上芳夫
16   影の如く    宮川一郎         黒田義之
17   女郎蜘蛛    鴨井達比古       黒田義之
18   母の笹舟    成澤昌茂         山崎大助
19   世直し・まさかり組
               鴨井達比古       高瀬昌弘
20   残酷無頼    吉岡昭三         黒田義之
21   西海道中記   宮川一郎         山崎大助
22   花匂う     成澤昌茂          山崎大助
23   御用金     東条正年         高瀬昌弘
24   鞍馬の決闘   吉岡昭三        高瀬昌弘
25   天狗廻状  成澤昌茂・柴田久恵    児玉進
26   池田屋襲撃   成澤昌茂        児玉 進

スタッフ(敬称略)
制作・東宝株式会社、(日本テレビ)

製作担当(表記なし)・円谷プロダクション
企画・安田暉、磯田啓二
PD・菅 芳久(東宝)、加賀義二 製作担当者・伊東正純
音楽・土田啓四郎  題字・柳田泰山

キャスト(敬称略)
倉田・鞍馬天狗…竹脇無我  近藤勇…若林豪
沖田…古谷一行  吉兵衛…佐野浅夫  杉作…水野哲
目明し・長次…小池朝雄  土方…成田三樹夫  
ほか…品川隆二、柏木由紀子、前田吟、竹下景子、
木村功、上村香子、江夏夕子、服部妙子、天津敏、
北原義郎、中村賀津雄、水野久美、朝丘雪路、宮口二郎、
加茂さくら、酒井修、瞳順子、原田大二郎、有島一郎ほか。


原作・大佛次郎   ナレーター・芥川隆行 
撮影・宇野晋作  照明・金子勝二  録音・富田実
美術・本多好文  編集・神島帰美  整音・竹内和義
装飾・西村伸明  助監督・水野直樹  殺陣・宇仁貫三
京都衣装  川口かつら   東洋現像所
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-31 09:55

『~80』

 DVD販売記念として、「金城哲夫研究2号」では、金城哲夫氏に関わる事のみ文献にしますので、ようやくここで。ゲストであるエピソードのお母さん役を演じた、清水まゆみ氏。
彼女が主演していたお昼のドラマのテーマ曲が、
『ウルトラマン』「恐怖の宇宙線」で流用された、「青空に向かって飛びたい~」から始まる宮内国郎氏・作曲のテーマ曲であります。JASDACのお小言にふれないように、メロディに↑の「」をかぶせて、2小節まで頭の中で歌ってみて下さい。詞全て書けないのは、ホントにレトロ気分を消失させてしまい、がっかりです。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-31 08:33
角川書店「ゴジラ」東宝特撮未発表アーカウブより(p.446)
補・実相寺昭雄氏「夜毎の円盤」より

1973年 ゴジラ・レッドムーン・エラブス・ハーフン「怪獣番外地」
原案・企画・金城哲夫、満田かずほ  
企画・PD・円谷 皐  PD・淡豊昭
監督・東條昭平  特殊技術・佐川和夫
以上予定スタッフ(敬称略)
内容は読みましたが、事情でいつか。色んなオフレコ抱えてますので。


「氷点」の舞台の旭川に9月行ってきます。
f0226161_1050313.jpg

[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-31 08:06
スタッフ(敬称略)・・・記憶での筆記。資料捜索中。
制作・東宝株式会社、東京放送
原作…三浦綾子   脚本…中井多津夫
監督…杉江敏男、野長瀬三魔地
プロデューサー…菅 芳久
製作担当(円谷プロ)
制作担当者…高山 篤、伊東正純
音楽…土田啓四郎


キャスト(敬称略)

辻口夏枝…小山明子   辻口啓造…安井昌二
高木…内田 稔     辻口陽子…西山恵子
辻口徹…池田秀一  子供時代…川瀬裕之
村井…久保 明    由香子…伊藤めぐみ

資料捜索中

ものがたり
辻口啓造は、北海道・旭川で病院を経営している一方、美人の妻や二人の子供達と幸せな家庭生活を送っていた。そんなある時、大学時代の友人・高木からの紹介で、辻口病院へ若い眼科の医師・村井が赴任してくる。村井は女癖が悪く、病院の事務員、由香子に手を出す一方で、院長夫人の夏枝にも好意を寄せ始めていた。ある日、村井が夏枝宅を訪問中、辻口の一人娘が通り魔に殺害されるという事件がおきた。犯人は逮捕されるも自殺。犯人の娘は、高木のいる施設へとひきとられる。村井は重度の結核と分かり、サナトリウムへの療養が必要になった。入院の前日、村井が再び夏枝と逢い、彼彼女の項(うなじ)に接吻をする。その痕を見てしまった辻口啓造は、夏江に対する復讐の為、犯人の子を引き取り、そうと知らせずに、女の子を育てたいというたっての希望のある夏枝に育てさせる。6年後、辻口の娘となった陽子は、夏江の愛を一身に受けていた。が、偽善的態度に疲れた啓造が、高木に対して書いた手紙を、啓造の部屋を掃除中の夏江が見てしまう。衝撃を受け、今度は啓造に対しての復讐から、陽子をイジメ育てるようになった。そんな陽子をかばう兄・徹も、高校卒業時のある時、両親から事実を話しているのを聞いてしまう。逆に陽子に対して愛情が芽生え始めるが、大学に入って、自分の代わりにと、親友の北原を紹介する…。陽子もある時、事実を知って入水自殺しようとする。高木は、真実を話すべき時と思い、旭川へと向かうが。

かいせつ
東宝の下請けメロドラマとして、『愛と死と』に続く、円谷プロの覆面プロダクションとしての第二弾。『帰ってきた~』寸前であり、スタッフも重複がみられる。記憶の為、はっきりしないが、西山恵子氏は「津波怪獣~」のゲストヒロイン。北原は、第一期青春ものに出演されていた方で、顔だけは思い出すが、お名前が出てこない。製作担当の高山・伊東両氏は、『帰ってきた~』を担当。伊東氏のみ抜けて東宝下請けドラマ(メロドラマから時代劇)を担当し、時代劇スペシャル『怪談・かさねヶ淵』、『アニメちゃん』のプロデューサーを担当された。監督は東宝の名監督の杉江氏と、『~バンキッド』まで、花王愛の劇場の円谷作品の演出を担当された野長瀬氏。原作はあまりにも有名な三浦綾子氏の同名小説。
(渡邊)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-31 07:40
 当時の資料から。回顧大作戦シリーズとして、参考として掲載いたしました。
著作権は、©東海テレビ・円谷プロ

スタッフ(敬称略)

制作・円谷プロダクション、東海テレビ
プロデューサー・出原弘之(東海テレビ)、淡豊昭、伊藤久夫
脚本・竹内勇太郎    演出・斎村和彦、平野一夫
音楽・冬木 透  ナレーター・鈴木瑞穂、森山周一郎
撮影・町田敏行  照明・佐山五郎  録音・中戸川次男
美術・池谷仙克  編集・津田善政  音響効果・伊藤克己
協力・パイオニア、美建興業、京都衣装、東京現像所
プロデューサー補・田中常久  制作主任・川口秀雄



キャスト(敬称略)


安西朝子…長内美那子  伊丹英…川地民夫
安西将平…小栗一也   安西知佐子…高樹蓉子
債権者…水木京一、神山 勝ほか
セールスマン…北川博子  村上…金井 大
警官…江幡高志、佐田 淳  飯島…永井玄哉
伊丹の名古屋の女…戸部夕子
精神科医…大山 豊   婦人科医…東大二郎
看護婦…中井ゆう子   巡査…岩城和雄
巡査の妻…松浪志保   知佐子の友人…野々深知
社員…石丸博也、守田比呂也
通りすがりの夫婦…高松可奈子、今井和雄、
その子供…清水圭児  夫婦…山田禅二、椿とみこ
その親戚…小林 恒、近江大介 おばさん…飯田テル子
小泉栄子、田中志幸、山本 武、滝川 潤ほか。

その他のスタッフ(敬称略)
助監督…菊池昭康、中島俊彦  整音…渋谷明憲
記録…堀ヨシ子、八木昌子
衣裳…新栄弥生  美装…武田百合子

1975年1月13日~3月28日・放映 午後1:30~1:45

かいせつ(一部TVガイドより)長内美那子が見せる新生面
美しくこれといって欠点のない女性・朝子。33歳の今まで結婚しないできた。
突然、目の前に現れた若くてハンサムな男性、伊丹。夢心地で朝子は伊丹と結婚する。
ある日、疑惑を感じる。「私のような中年女(当時の原文ママ)が、若くハンサム
な男性に愛されるはずがない。彼には何か目的が!」そして、朝子の家族が次々と不慮の死を遂げ、自分は夫に殺されるのではないか?と考え始める。「朝子にあるのは、適齢期を過ぎてしまった女性独特の微妙な心なんです。これは‘心理ドラマ’じゃないかしら。性格俳優と言われる様に努力したい」と、かっての昼メロの女王・長内氏。「伊丹はプレーボーイだけどスマートでしょう。日本ではプレーボーイは軽蔑されてますが、本当は女性に優しい男。長内さんはテレビドラマの呼吸を知ってらっしゃいますね」と、元暴れん坊役の多かった川地氏。
このドラマは、竹内勇太郎氏が単独にて全話を書き上げ、
のちに自身でノベライズし『疑惑』という題名で上梓している。エンディングが、TVと少し違う。音楽は冬木氏で、のちに土曜ワイド劇場『怪奇!巨大蜘蛛の館』で一部流用されている。主人公二人のデートに屡、雑踏を歩くシーンがあり、一部『ウルトラマンレオ』「悪魔の星くずを集める少女」に流用されているので、DVDでチェックしてみると、川地・長内氏が写っており、『~ティガ』よりも早い共演となっている。(無クレジット)
演出(東海テレビ昼メロは、15分シリーズはフィルムでも監督でなく、こうクレジットされていた)のお一人、平野一夫氏は、『~A』も担当しているが、当時は真船企画に所属されていた。(渡邊)

ものがたり
ハイミスの朝子は、父・将平の金融業の手伝いをしていた。ある日、朝子は妹・知佐子の恋人である伊丹と知り合う。彼は不動産業を営むが、資金繰りに悩んでいた。将平よりも金融の実権は朝子と知った伊丹は、彼女を誘惑しはじめた。ドライブ先で二人は結ばれる。300万の融資を受けたいと切り出す伊丹に、朝子はショックを受ける。また、知佐子と仲良くしている彼に嫉妬も感じる。最初は融資を断るが、彼を忘れられない朝子は、自分の全財産を融資。父と妹の猛反対を押し切り結婚する。一旦持ち直した伊丹興産だが、またしても開発中の松山霊園が失敗し、倒産の危機にあい、更に5000万の融資を妻に頼む。
朝子には金目当ての結婚か?との疑惑が沸き起こり、保証人となった将平が何者かに殺された。伊丹興産は持ち直すが、将平殺しの重要参考人として警察に連行される。証拠不充分で釈放されるが、朝子の心に不信感が残る。刑事は尾行を続ける。知佐子に競走馬のオーナーになる話を持ちかけ、二人はよりを戻して青森へ。朝子は弁護士に調査を依頼してそれを知る。「結婚して早くで手って!」と叫ぶ朝子。伊丹が朝子に保険をかけ、受け取りを自分にしていた事を調査員から聞かされ、疑惑はつのる。何故かよりを戻し、そして伊丹は朝子を猟に誘う。朝子は山奥ではぐれたが、村人に救出された。伊丹の計画的犯行では。ガスストーブの栓が外されたりし「私は殺される」と、朝子は錯乱状態となる。
伊丹は名古屋へ行ってしまった。朝子は金融業を再開して伊丹への思いを断ち切るつもりだ。宿していたお腹の子供を中絶。それを知った伊丹もショックを受け、二人の溝は決定的となり、朝子は離婚を決意する。そんな折、将平殺しの真犯人が捕まる。朝子はわびるが、伊丹も離婚を決意し、松山霊園の前に立って事業再興の夢を決意表明する。
一方、知佐子の妊娠で、朝子は再び伊丹へ新たな疑惑を抱く。
  (発掘した短縮録音のテープで、以前書いたものを再構成。最後の2週分は、ナレーションを鈴木氏から森山氏にバトンタッチしていた。小説『疑惑』では、朝子は阿沙子と表記されているが、「ものがたり」は、TV放映に基づき書きました・渡邊)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-30 16:39

乖離大作戦・えーッ。

 画像と文が、乖離する事が多かったですが、今回も「乖離」シリーズという事で。

f0226161_12382446.jpg

金城さんをデッサン。「フォーラム」出品の原画です。

f0226161_12405676.jpg

「画」のセンスがないので、「扇子」が「無い」画を描きました。また、渡辺崋山の摸写・習作です。

f0226161_1241941.jpg





切手収集してましたが、当時、
f0226161_12412611.jpg

「月に雁」は、使用済みしか購入出来なかった。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-30 12:45

「カバゴンの動物教室」

 別のBBSでも何回かふれたが、1975年10月~1976年3月末まで、『戦え!トリプルファイター』を
東京12Chで放送する為、代理店である円谷エンタープライズが、パッキングにて制作した5分番組。
26週×5本放送。
原版の動物映像は、M・PD氏に依りますと、ドイツから購入したフィルム。
それに阿部進氏が、ナレーションをつけた。M・PDの初作品。(M氏は、金城哲夫さんと、お酒を飲んだりされたそうだ。入社は『~セブン』の頃。その後、一旦離れられ、『南極物語』などの名作を制作された。)

(敬称略)
企画・制作・円谷エンタープライズ、ビデオクリエイト
プロデューサー・森島恒行、宮本義一
監修・ナレーター・主題歌・阿部進  主題歌販売・ポリドールレコード
脚本・演出・松元 力

註;松元氏は、最初の『オバケのQ太郎』のシナリオも手掛けていらっしゃる。
『ウルトラマンAGE』で、私の報告を却下された方々の、内容にふれたところは、全然違う。
結果として、実際、視聴されていない事が露呈された記述となった。
PDにも確認済みであります。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-29 21:11

「満天の星」資料公開1

スタッフ(敬称略)

制作・円谷プロダクション
   ・東海テレビ
プロデューサー・出原弘之(東海テレビ)、淡豊昭、大西博彦(東海テレビ)
脚本・馬場当(1~29)、阿部桂一(30~34)、竹内勇太郎(35~40) 
  註;5週単位でなく不規則
演出・野崎貞夫、白井更生
音楽・たかしまあきひこ
撮影・町田敏行  美術・山崎雄史  照明・鎌田靖夫  助監督・笠倉 隆
編集・小林煕昌  効果・小森護雄  記録・宮崎信恵、松丸春代
タイトル画・織茂恭子  制作主任・佐山彰二
協力・株式会社RONDON、葛飾下山電器、セントラル録音、東京現像所、プラザスキング、ホテル藤之沢
   タマプラザ中川産婦人科、椙山理髪店

キャスト(敬称略)
小林好恵・・・生田悦子
小林勝彦・・・浜田光夫
大庭先生・・・早川 保
先生たち・・・大山 豊、丸山詠二、満田雅代
おばさん・・・伊藤こずえ   集金人・・・立花直樹
無茶先生・・・桑山正一   女の子・・・西 真澄   医者・・・島田  彰
釜本・・・常田富士男  生徒・・・佐野美智子、岡崎夏子   おばさん・・・飯田テル子
宝くじ渡し人・・・相原巨典、中里啓一   釜本の妻・・・麻 ミナ
石光 豊、若松和子、高杉哲平、篠田 薫、安永壇躯、桔梗恵二郎、藤具多加子
ほか。
劇団あすなろ、東京テレビタレントセンター


放映・1976年2月(といえば、涙する月)

『怪奇ロマン・君待てども』は、ビデオ(ベータ)はカビにて処分するも、同作品と、『殺さないで!』は、短縮の音のみ収録したテープ発掘。本作品は捜索中。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-29 20:55
 1971年の岩谷産業さんのキャラクターとして、高山良策氏によって造形された怪獣。
CFは、円谷プロが担当した。実写版のほかに、アニメ版もあった。同年3月にお昼に放送されたワイドショーにて、高山氏が紹介された。
Pプロ『宇宙猿人ゴリ』のゴキノザウルスよりは後である。
1971年4月から放送された『帰ってきたウルトラマン』と共に、名古屋の今池にあった松○薬品にやってきた。
○岡薬品のビルは、その後今池じゃんじゃん、キノシタホールとなったビルである。
帰ってきたウルトラマン(当時の呼称で)と、ゴキドンの対決にわくわくしたものだった。
カナ?
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-29 20:17