沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

<   2010年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

オオルリシジミ観察

 という事で、渡邊からの催促で、オオルリシジミ観察会の様子を紹介します。
画像は、食草のクララで交尾行動をする♂同士、正常な交尾、ハルジョオンでの吸蜜など。
おまけはキバネツノトンボです。現地案内をしていただいたM氏に深謝しておりますとの事。
詳細はコメントで書くそうです。

f0226161_1953831.jpg

[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-06-04 21:14 | 蝶の話し

チョウの観察

 話題が一見「金城研究」から離れそうだが、実は哲夫さんもチョウが好きだったらしい。
モルフォとか、『怪奇大作戦』では「人食い蛾」で、鱗翅目というセリフを書かれている。
鱗翅目は、今はチョウ目になってしまった。味気ない。
また、キャメラマンの稲垣涌三氏も昆虫がお好きだったらしい。
そして、俳優の岸田森氏は、有名なチョウ愛好家である。
彼は屡、沖縄へ訪れた。
当時、金城哲夫さんは、弟さんを中心に南部のビーチで「竜宮城」というレジャー施設を父親と共に運営、
哲夫さんも手伝ったりしていた。その浜川御嶽へ岸田氏も採集に行かれたという情報もある。

そして、関係ないが、ここの住人の渡邊豊信氏から2010年5月30日に安曇へ希少種であるオオルリシジミを観察、その画像が送られてきた。
当日の天気は晴れ時々曇り。
オオルリシジミとウスバシロチョウ(ウスバアゲハという名称は好きではないと渡邊)を紹介。
これから金城さんとチョウの画像を交互に紹介したい。

まずは携帯画像からで、明日はメモリー画像を送信するという。
f0226161_2323735.jpg

f0226161_23232827.jpg

f0226161_23234454.jpg

[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-06-04 20:41 | 蝶の話し

金城哲夫  略歴

 金城哲夫氏(以下、金城)は、父親が東京の獣医学校に通っていた関係で、両親が東京に在住中の1938年7月5日に出生する。(その為、東京生まれである)
直ぐに沖縄へ。(生まれ育ちは沖縄、である)…(一部修正:2010.10.4)
第二次世界大戦も幼少期に体験。
中学までは実家にある沖縄で過ごす。
中学卒業と同時に東京の玉川学園高等部に入学。玉川大学で、恩師の仲介で円谷英二特技監督に師事する。
円谷監督の紹介で、関沢新一氏に脚本の書き方を習得する。
卒業後も円谷特技研究所の一員としてシナリオを勉強。
1961年から1963年にかけて、沖縄で「吉屋チルー物語」を製作・脚本・監督する。
続いて、1963年4月に発足した円谷特技プロの初代企画室長となる。
そして、同年5月から沖縄で「沖縄物語」を共同で制作。
戻るが1962年に「絆」でTV脚本家としてデビュー。
1964年は、「月曜日の男」、「こんなに愛して(生田直親氏との共同)、「いまに見ておれ」の共同脚本担当。
1964年から「WoO」と「アンバランス」の企画、シノプシス作成などをSF作家クラブの協力ですすめる。
前者は頓挫するが、後者は同年の秋から撮影がはじまった。
これが1966年放送開始となった「ウルトラQ」である。そして「ウルトラマン」「ウルトラセブン」と傑作をものにしたが、事情で帰沖。
 沖縄では家業を手伝いながら、テレビ、ラジオの仕事、沖縄芝居の脚本・演出を手掛ける。
1975~1976年の沖縄海洋博覧会では式典の演出や広報、沖縄館で上映された「かりゆしの島」
の脚本・構成と吉田憲二監督との共同での演出を担当する。1976年2月26日、惜しくも事故にて他界する。
(担当・渡邊豊信)


同氏を偲び、2008年7月5日に金城哲夫氏のラジオドラマ「噴煙」をシナリオ通りに大和口でリメイク。
音だけでは、と思い、墨絵の紙芝居方式で制作。声の出演は、「ウルトラ作戦第一号」にノンクレジットでゲスト出演した松本嘉臣氏と劇団シアターウィークエンドの面々である。
墨絵画像が、渡邊氏(以後、渡邊)から届いたので紹介する。
f0226161_11263426.jpg

f0226161_11265183.jpg

[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-06-04 20:24 | 金城哲夫
金城哲夫とウルトラアート
主催・佐藤文彦氏2008*2*5~2*10那覇市ぶんかてんぶす舘3階ギャラリーにて
画像
f0226161_037214.jpg

金城哲夫とウルトラを創った仲間たち2008*2*10那覇市ぶんかテンブス舘4階ホール主催・渡邊豊信氏
ゲスト・飯島敏宏氏中野稔氏桜井浩子氏進行・佐藤、渡邊金城哲夫ファン倶楽部(当時の代表は大石氏)、金城哲夫とウルトラアート実行委員会による開催
f0226161_0393775.jpg

f0226161_0401835.jpg

画像 三年にわたる一連の金城哲夫生誕70年&33回忌プロジェクトの一環として開催された。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-06-03 19:48 | イベント
 渡邊豊信氏から、南部医療センターで開催された当時の画像が届いた。
似て非なるものとして、陶芸怪獣を紹介する。
また、渡邊氏の沖縄にある小屋のガ○モ○シーサーも、オス、メスあるので、5点の画像を紹介する。

上から南部医療センター(開催場所)、展示された陶芸怪獣2点、そして、○○シーサー2点。
f0226161_20405331.jpg

f0226161_20461581.jpg

f0226161_20463244.jpg

f0226161_20464631.jpg

f0226161_20471472.jpg

[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-06-02 18:00 | イベント
 本会の代表S氏から、渡邊豊信氏への連絡として、
沖縄・南風原の画廊沖縄にて「森口豁氏のパネル展」が、先月末まで開催されていた。
この画廊沖縄の御主人の奥様が、あげずば織りで著名な上原美智子さんである。
上原美智子さんは、金城哲夫さんの実妹さんである。
まゆ工房も、画廊沖縄の敷地内にあるらしい。
一昨年の秋、この’あげずば織り’を東京での展示会及びババクーリでの展示、博物館での展示
を渡邊氏が見てきたという。
トンボのように透き通ったスカーフや羽織など素晴らしいもの、と、渡邊氏が言う。
渡邊氏から、自分が写っている画像も大丈夫との事にて、紹介させて頂きます。
(あげずば、とは、トンボの事らしい。詳細は金曜日あたりにコメントで書くとの事)
f0226161_20592959.jpg
f0226161_20594540.jpg

[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-06-02 17:50 | 告知