沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

カテゴリ:業務連絡( 16 )

 現在、帰国したW氏と共に8号の割り付け作業を開始
しております、、、
サイズも今回から少し変更する件を佐藤代表とW氏とで
検討中、、、
秋の沖縄での大学祭は、ほぼ決まり、佐藤代表や学長
が中心になって進行中、、、
またご期待ください、、、(杉本)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2012-08-17 10:16 | 業務連絡

一部記事移転ほか、、、

創設者が、内密にて別ブログ立ち上げましたので、同氏の関与した
記事は、そちらへ移転、、、
当ブログも純粋に金城哲夫氏関係のブログに徐々にしていきます、、、
尚、金城哲夫研究委員会に依ります「金城哲夫研究」は、8号は
新体制で制作していきますので、7月でなく、11月と、時間を
もって編集していきます、、、
このあたりの事情は、名古屋から解禁の知らせが到着してから
お知らせいたします、、、創設者だけでなく、スポンサーサイドの
問題とだけお知らせいたしますが、会の運営には支障ありません
    (ブログ担当:杉本一夫)

f0226161_12181041.jpg

©松風苑、金城哲夫資料館
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2012-03-25 12:18 | 業務連絡


http://www.youtube.com/watch?v=b3kU0lIqXN4&NR=1&feature=endscreen

>ちゃんと金城哲夫さんのお名前が、スクリプトとして表記されてます、、、
また、おてすきの際にざんぶろんぞ氏へ貼付お願い致します(杉本)

>杉本様
「youtube」の「共有」をクリックして埋め込みコードをコピーして記事に貼り付ければ動画を減ることが出来ますよ。

                    ざんぶろんぞより

>ざんぶろんぞ様、ありがとうございます、、、(杉本、1.27)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2012-01-21 19:31 | 業務連絡
 元・副代表の件は各員の意見で残す事にしました、、、
詳細は帰国してから、、、(杉本)


本文に失礼させていただきます(コメント欄が無いんだもの、、)
>渡邊様
とりろばいとです、格納記事を読ませていただきました。
公開記事ではないので五月蝿くは指摘しませんが、私の「本業」でアドバイスを出す事が
無いようにお願いいたします、如何しても行う場合はそちらの担当は別の関わりの無い子
を紹介するように事務所に連絡しておきますので、御相談ください。
                                          (とりろばいと)

>杉本様
帰国されましたら相談がありますので、うちの事務所に直接連絡してください。
                                          (とりろばいと)

>ざんぶろんぞ様
F氏の件は一応中止にします、ビジネス以外でのお付き合いはやめたほうが良いでしょう。
三葉虫仲間として忠告しておきます(笑)
                                          (とりろばいと)
>まや様
年賀状ありがとうございました、此方はすっかり忘れてました、ごめんなさい。
                                         (とりろばいと)





 渡邊様、例の件、偽計業務妨害及び名誉棄損にあたるとおもうので、
近くの中日ビルの法律相談所にご相談しても大丈夫です
  (とりろばいと)


>渡邊様、憤りは理解できますが、「かりゆし」様のイベントにさしさわりのない
ように、6日間にてこちらから格納させていただきました、、、

キャッシュ前に保存されておられる方は複数いりゃっやると存じます、、、
それは構いません、、、(杉本一夫)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2012-01-03 18:21 | 業務連絡
渡辺氏はじめ沖縄スタッフや各地の協力者の皆様、あけましておめでとうございます。
皆様次のイベントでお会い出来るまのを楽しみにしております、お風邪など召しませぬようにしてください。

                            ざんぶろんぞ他数名より
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2012-01-01 14:22 | 業務連絡
本年も宜しくお願い申し上げます(沖縄、岡山、名古屋)
尚、旧・アウローラ映像資料も当・岡山(特撮、月光アトム氏のゴミ)と沖縄(チョウ)
に移動中です、、、
Wの話では、ダブレラの図鑑は石垣で、雑誌類は沖縄本島で御覧いただけるようにしたいとの事、
ここのエントリーは来月には「削除」予定です、、、(杉本)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2012-01-01 05:05 | 業務連絡
 W氏が、来年の紀要研究雑誌の7号でもって
雑誌編集は一段落するとの事にて、
先週から格納記事も含め、チョウの話題は削除
いたしました、、、
7号の締切は今月の25日ですので
宜しくお願いいたします、、、
今、「ウルトラマンを創ってしまった男」を8号用に
書いてもらってますが、、、(杉本)


こちらから侵入致します。私が、金城さんの作品に魅かれたのは、勿論「ウルトラ・・・」からですが、
徐々にウルトラよりも金城さんの生き方に心酔したものです。
沖縄でのプログラムでは何度も書きましたが、「~A」以降、「脚本・金城哲夫」表記が無かったこと、
それで他の会社の番組をみたりしているうちに、1973年当時の某プロから沖縄に帰られた事を
知ったり、1976年2月にTVガイドをみて金城さんが事故で亡くなられた事を知って愕然となり、
「人のいのちの儚さ」を感じたからです。そしてウルトラの原点は誰が今後もどのように展開させても、
円谷英二監督、円谷一監督(演出のみならず、作詞も含め)、金城哲夫さんを切り離せないのです。
その金城哲夫さんを切り離そうとした沖縄で金城さんを知ってもらう為に、ここ数年、イベントとかしたり、
紀要を編集したりしてきましたが、一応私個人の役割は
終えたと(これも本当は二年前で、だったのですが)思いました。
大きなところがようやく動いてくれそうですし。
私は再び、観る側、そしてこっそりと蝶観察の合間に
昔のように独りで某所へ食事をしに行くという、2006年以前
の自分に戻ろうと思っております。
また、Web嫌いはどうしたって治りません。もう2,3記事だけ書こうとは思いますが。

従って、本年の秋の沖縄の大学祭告知が、最大の目標でしたので、
それ以外の「告知」もここではしないかも知れません。
当研究会とある会社とのジョイントが出来たわけですし
金城さんの功績を語り継ぐ事をお任せ出来ると判断しました。
そのおかげで、多くの方と知り合えたことは光栄ですが、
(昨年の「歴史秘話ヒストリア」や某プロ関係者=社員という狭義の意味でなく
と知り合えた事などは、良かった点とは認識しておりますし、それが電子社会の
力であることも認識はしております!)
自分の人生を原点に立ち返り、見つめなおそうと思っております。
でも、金城さんのイベントなどは、客側としてのスタンスでの参加はしていくつもりです。

ここのブログの管理人もおりますし、私は紀要の7号の編集にて一段落させて
頂きます。あとは紀要が発行された際の「告知」になるかも知れません。

私が「てふてふはべる」とか別名義でコメントをその気になった時に書くかも
知れませんが、自分にとっては、
Webはやはり疲れます・・・2011.12.08記載、推敲はしません。
(「ウルトラ=金城さんに心酔してしまった男・W)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-12-07 04:02 | 業務連絡

お疲れ様でした、、、

 渡邊さん、ここの監修、有難うございました、、、

色々と大変だった事は、よく分ってます、、
暫くは、ごゆっくりと休養なされて下さい、、、

未だ自分の「編集後記」が、10月になっても書けません、、、
ブログの管理をZ氏から引き継いで、こちらも大変さを知りました、
これから、紀要とブログの管理は援助なしに対応していきます、、、

画像もZ氏ほかにしていただいておりましたが、
早速、実験からはじめていきます、、、

創設者の名前は以前書いたように、ブログの開設からいつかは閉じるであろう、
将来まで、管理・watanabe-toyonobuという名義で残させて頂きます、、、


資料に関しては、また御説明を受けてから私が此処に書きます、、、
うまく書けるかどうか?は分りませんが、、、

渡邊さん、心中、察し申し上げます、、、(杉本一夫)


>方言にまつわるお話で、S代表の下、発掘された方に深謝いたします、、、
それを筆記記録したりゲストプロフィール含め、
殆どWさんが組み立てられた6号を、それを我々は輔佐しただけにすぎません、、、
印刷会社も中心の販売は「沖縄で」の方針は、必ず守っていきます、、、

あと、7号の編集迄は体調管理されながら宜しくお願いいたします、、、
(杉本)
f0226161_3114658.jpg

©金城哲夫資料館、松風苑

>渡邊さんからあづかりました、金城さんの画像は、円谷英二監督や
その関係者が写っているものもありましたが、松風苑の金城和夫様からの
ご提供です、、、そのごく一部と、撮影者がK,Mさんや、今井さんと分って
いるものは、「許諾」得られるまではつかいませんが、
そちらは沖縄サイドのメンバーに尽力していただきます。

ここも、でぃぷろどくす君等、また間に他の方の記述で、堂々とした方向にて
更新していきます、、、
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-10-04 03:20 | 業務連絡
 ここの監修(スーパーバイザー)しておりました渡邊ですが、
直に書くのは本当に最後にしまして、あとは整理段階だけさせていただきます。
ここのブログの開設者に、watanabe-toyonobuという名義で今後出るかも
知れませんが、本音を「てふてふはべる」に書きましたので、
あとはメールやFAXにて杉本氏ほかに重要事項だけお願いさせて頂きます。

あと関わったいる3件(10月、11月、来年の2月の研究紀要発行)だけは致します。

それでは、あとは他のメンバー、メール送信を杉本氏やZ氏に筆記していただきます
ので、当ブログは継続していきます。(渡邊)

医学豆知識コーナー・
 「こうせいしんやく」と、一般に耳にするが、二つの意味がある。
向精神薬は、精神科領域で扱う薬物を総称。効うつ薬、抗てんかん薬、睡眠薬も範疇に入る。抗精神薬とは、メジャートランキライザーといわれるもので、パーキンソン症状などの副作用に留意せねばならない。糖尿病に禁忌の薬もある。太ったり、便秘になったり、抗うつ薬でもあるドーパミンに作用する薬のある種のものは、女性では生理不順、乳汁分泌も発現するので、投与前にはきちんとしたインフォームドコンセントが望ましい。(担当:渡邊)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-10-01 18:46 | 業務連絡
 詳細は私個人のブログ「てふてふはべる」に書きましたが、
日本語ガイドに対する暴言、少しはユーモアか?と思いきや、
最後のヤンゴンでの暴言には、私も不愉快になりました。
それで、浅○滋雄氏の「チップに対する領収書」問題を我々の「血税」を
今回は観光なので私利私欲に個人使用する意向と判断し、
「てふてふはべる」に書いておきます。
映研を潰した部長と共に、不正は許せません。
また、「正露丸」「礼拝(「らいはい」でも「れいはい」でも良いが、仏教をしている
者の前では「らいはい」と言って欲しい。葬祭で日本でも偉い坊さんが、「らいはい」を
お願いします、というのを聞いているでしょう)
更にいつまでもクドクド言うな、とガイドに怒ったが、説明はガイドの職務だし、
おかしいところは同行していた立場からすると、「あなたの方で、あなたこそ
くどい」と言いたい。だから私もあちこちで諄くカキコする。(渡邊豊信)

>杉本様、ざんぶろんぞ様、これはこの儘に。
これは、いずれある中止になった金城イベント(しまだて協会、玉泉○)
の件にもつながっていきますので。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-09-20 14:39 | 業務連絡