沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

「円谷英二随筆評論」

f0226161_22213115.jpg

2010年12月1日にワイズ出版から発行された、竹内博編による円谷英二監督に
よるエッセイ集。対談あり、技術論あり、よくここまで資料をまとめられたと
思う、、、ページは記録してないが、一部「アレ?」と思うところ、、、
事実上の監修していたかは別として、「全ての円谷英二監修シリーズの光学
撮影は中野稔氏が手掛けた、とあったが、「独身のスキャット」は宮重道久氏がメイン
であり、「恐怖劇場アンバランス」は東宝技術部と中野稔氏との合作(クレジット上は)
になっている(一部)。東宝に提出されたオプチカルプリンターの貸し出し文書とか
貴重な資料・文献が多い、、、金城哲夫氏に関しても記述があり、1960年に
円谷英二門下になった事、帰郷、英二監督の追悼、関係者の逝去の記事として、
竹内氏の文責において掲載されている、おすすめの一品、、、
「てふてふはべる」のW氏から廻り、本日読み終え、近く岡山へ転送・保管の予定
である、、、W氏は今は「金城哲夫研究・5号」の完成待ちと(7月5日に名古屋経て、
10日には沖縄・じのんへ配本予定)
「かぐや姫」完全版の打ち込み作業しているとか、、、(杉本一夫)

これからW氏はここでは「てふてふはべる」のハンドルネーム使用、、
然し、誰が書いてもwatanabe-toyonobuとなるのは参っているとのこと、、、
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-06-24 22:22 | 映像