沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

「熱血!新入社員宣言」最終回

平成3年6月25日放映分「愛と青春の出発」(敬称略)

製作・木下プロダクション、TBS
企画・飯島敏宏、プロデューサー・森田光則、浜井誠(TBS)
脚本・桃井章、音楽・KAN 演出補・押山敏 
演出・松本健

羽生…植草克秀、神保…東幹久、マイク…ジェームズ・バックス、
橘小百合…松雪泰子、西脇…小松千春、矢代…小牧ユカ、
堤課長…三浦洋一、蓮池…黒木瞳、江尻…柳沢慎吾、
河合…阿部寛、滝本…財前直見、
車だん吉、斉藤清六、夏海京子、阿知波悟美、
高木支店長…平泉成ほか

>丁度、1989年にバブルはじけ、1994年に銀行合併が多くなった。
そんな最中の新人銀行員たちの奮闘記。堤と蓮池、江尻と阿知波氏演じる
女性銀行員の恋愛、中心は羽生と堤の妹であった小百合の恋愛が中心。
無担保融資の問題や銀行合併の問題も取り入れている。
高木は無担保融資の責任で雑用と思ったが、支店長昇進だった堤が
責任は自分がある、と、上層部に掛け合い、新人は希望部署とさせて
くれと掛け合い。北海道へ蓮池と転勤していく。
分れると言った小百合は羽生を思っての事であるが、そのあとはみなさん
の御想像に・・・で終わる。

>当時は未だビデオ映像はサチコン主流とみえて、蛍光灯からパンニング
する時に残像が残っていた。フェーダーも当時の主流だったものであった。

「空に星があるように」は、小堺と賀来の主演だが、円谷浩やその恋人
で小堺の妹を伊藤かずえが演じていた。これは渡邊が書いている記憶がある。

色々資料をチェックさせて頂き、ありがとうございます。(DD記)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-04-03 21:48 | 映像