沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

整理・修正・没原稿などの事。

 昨日は、各地にお騒がせ電話しましたが、大体解決しましたので、「整理」
致します。

ギガスとドラコ役は、全く私が40年以上、間違ってインプットしてました。
今回、当時再放送しか見直す機会なく、今の様に記録メディアの無い時代は、
自分の「記憶」だけが頼りで、あとは70年代にしたような図書館での「新聞」
に依る「裏とり」でしたが、新聞には細部は不明です。
それで、
①ギガス…南明氏、ドラコ…池田文夫氏と、ざんぶろんぞ氏や知人の映像所持者
に確認して頂き、判明しました。然し、「江戸の朝焼け」のゲストの間違いを
御指摘頂いた方のように、私は「間違った記憶」もここで「記録」として残す
事で、逆に「踏襲」されないようにしようと、⇒にて「訂正」させて頂きます。
自分の間違いは訂正致しますので。これが私のよく言う「史実」を「解明」
していくことです。その一方で、当時の「男」「夫」などの表記は、当時と
してはどうでもいいことであり、「つむらやえいいち」でも「つぶらやえいじ」
でもどちらでもいいよ、と、円谷英二監督自ら語られたお話にも表れている
ように、曖昧でもよく、こういう件での「重箱隅つつき」は無用と思います。
当時の新聞記事の「マンモス・フラワー」、アンバランスのシナリオでも
「マンモス・フラワー」。作品では「マンモスフラワー」の「・」云々は、
冊子・紀要では修正いたしましたが、この頃は分ればいい…という感じと
思います。
年度は別です。
尚、池田芙美夫 名義は、『セブン』「湖のひみつ」で間違いなかったです。

②福留氏と中村氏の担当回数・・・これは、どちらも4回ずつ、の裏とりが
出来ました。

③ザラブ星人の件。少なくとも二人、とコメントしたのは、映像見る限り、
最初の毒ガスが街に蔓延して、出現シーンで、身長の低い方が入っている
ところがあり、これを「少なくとも二人」と表現致しました。黒いマント
で、ガスのなかを歩き、それが外されたシーンです。ここは別人の演技と
思います。

「整理・修正」に関しては以上です。

一方、私が、紀要で自分の原稿を「没」にしますのは、ページ配分とか
他のライターを優先させたい事、あと一歩の「裏とり」が出来ない時
などです。5号の「海洋博」絡みの原稿がすすまないのは、最終調査が
思うようにいかない事です。「河島氏」の原稿は枚数配分とか、詳細調査
不可能と判断したため、こちらに掲載致しました。

紙媒体・印刷物にするには慎重にしませんと、いつもいう「誤った踏襲」
が続いてしまう可能性があるからです。完全「没」と判断した、
「自分の原稿」は、「放談」の意味も含めて杉本氏介して、
こちらに出してもらう事はあると思います。

 ここのブログメインライターは杉本氏ですが、またまた出しゃばって
しまいましたので、申し訳ありません。

(「金城哲夫研究」5号迄の編集幹事として、渡邊豊信)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2011-03-09 08:48 | 映像