沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

金城さんのシナリオ集

 1984年のソノラマ文庫「ノンマルトの使者」と、
1985年の「宇宙からの贈りもの」、どちらも、完成台本ではないので、読んでいて面白い。
例えば、ウルトラセブンの第1話の最終部分では、ダンの地球の為に頑張るぞ、
という決意表明や、ダン(→キリヤマである:11.12渡邊)が、セブンと名づけた事などが分る。詳細なる事は夜、また書くが、後者のあとがきもよい。
福島正実氏の御子息の加藤まさし氏の寄稿文と、金城・福島両氏、
お二人の写真の掲載などファンには嬉しいシナリオ集である。

<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

BOOKSじのん「金城哲夫研究」地方でも発送。メール便などでお値段一律。
     「金城哲夫研究」1,2、3号扱っております。軽く紹介から正式紹介。
      www.jinon.ginowan.okinawa.jp

岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み)


f0226161_8294834.jpg


>『宇宙からの贈りもの』のシナリオ集には、金城哲夫と、福島正実氏が
にこやかに並んで写っている写真が、福島の実の息子である加藤まさし氏によって
自筆の文と共に紹介されている。丁度、沖縄海洋博直前の写真である。
また、『ウルトラマン』では、TBSサイド制作の「ウルトラマン誕生」~ゴルゴスや
ガボラも登場!!ゴメス、ピグモンの登場となっている。「恐怖のルート87」では、
スタッフに―担当、樋口祐三氏(TBS映画部)、チーフとして三輪俊道氏の名が連なって
いる。プロデューサーは、末安昌美氏のみだが、「担当」「チーフ」はTBSのPとみてよいで
あろう。「禁じられた言葉」から、担当は樋口氏の儘だが、チーフは円谷一氏となっている。
「小さな英雄」も同じである。前年のシナリオ集『ノンマルトの使者』は、
『ウルトラマン』「まぼろしの雪山」からの掲載。ここでも、チーフは円谷一氏となっている。
「さらばウルトラマン」も同じ。『ウルトラセブン』は「姿なき挑戦者」から。Pとして、
末安昌美、三輪俊道両氏の名前が記載されている。p.76-77に、ダンの決意表明。
セブンと名付けたのはキリヤマ隊長である。「狙われた街」は、作品との違いは、
他にもあるが(ダンプとの追跡後、ビデオシーバーにメトロン星人が写るなど)詳細
は省くが、エンディングナレーションは、かって語られたように金城のシナリオには
無く、実相寺監督によって書き加えられた。「ノンマルトの使者」「史上最大の侵略」
は、Pは橋本洋二氏となっている。『~Q』は前者のシナリオ集に、『WOO』(Pは円谷皐氏)
は前年発行の後者のシナリオ集に掲載。同人誌『モノリス』2号には
「海底原人ラゴン」のシナリオ
掲載があったが、TBSのPは栫井巍氏と書いてあった。Pではないが、三輪氏は
『ウルトラマン』にも、チーフという肩書で参加されている事が判明した。
また、続きは次回。円谷作品の系譜は、あるブログに書いている最中です。
    (11.12:渡邊豊信 記)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-11-11 08:29 | 金城哲夫