沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

金城哲夫生誕祭2010 in 芸大祭・予定概要

金城哲夫生誕祭2010 in 芸大祭

日時 : 2010年11月2日(火)、3日(水・祝)
場所 : 沖縄県立芸術大学 一般教養棟3階 大講義室および301教室
内容 :「金城哲夫フォーラム2010」(講演ほか、3日、11時30分~、大講義室)
    予定出演者(大城信哉、大野隆之、玉城ゆう子)進行:大城

   「金城哲夫の思い出」(トークショー、3日、13時30分~、大講義室)
    東京より「ウルトラマン」シリーズの俳優を招聘(内定) 進行:金神(変更あり)
   
    「金城哲夫とウルトラアート2010」(美術展、2~3日、10~18時、302)
    プロのアーティスから小学生までの作品の展示
    ※金城の母校(与儀小学校)でのワークショップ作品 担当:佐藤、富本

    『吉屋チルー物語』(2日)、
    『33年目の同窓会』(2,3日)(映画上映会、2~3日、大講義室)
   ※『33年目の同窓会』は金城未映像化脚本にヒントを得た作品、初上映

    「金城哲夫パネル展」(写真パネル展示、2~3日、大講義室)

主催 : 金城哲夫プロジェクト(佐藤)
共催 : 金城哲夫研究会、金城哲夫ファンクラブ(佐藤)
協力 : 沖縄県立芸術大学同窓会、沖縄県立芸術大学、松風苑
                   (佐藤文彦、まやはべる)

>遠くから応援しております。映画は郵送いたします(渡邊)
>チラシは、今回全国展開で問題あるため、考慮中です。(ざんぶ、とりろばいど、杉本)

>「33回目の同窓会」試作・本編、本日到着、予告篇も面白いですが、シリアスドラマとして完成度高かったです。古谷敏さん、台詞をなるだけ少なく、と思いましたが、結構台詞多くてすみませんでした。N監督、共演の方々。メイキングのIさん、ADのAさん、Bさんに深謝、何故かエンディングに写っていたお坊さんは、私の知らない人ですので、深謝せずにホットきます。どこでも見かける何の変哲もないお坊さんですから、、、(10.18拝受:渡邊)。
Tag;世界=特に山間で見かける謎の坊主(冗談)

>古谷さんから御教示頂いた件は、正式発表があってから掲示致します。
本日は、撮影お疲れ様でした(10.18:渡邊)


<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 

こうようクリニック  
      愛知県名古屋市東区代官町の内科クリニック。老人保健施設も併設。
      心療内科も新設(新患は月、金に予約で。午前は1、3週に予約)。
 
      理事長・院長:市川佳明
       http://www.nagoya.aichi.med.or.jp/higashiku/9363578/
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-10-18 06:28 | 告知