沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

「続・昭和の情景」の続報

 1)新聞発表は、15日になりましたが、「続・昭和の情景」の発売が、18日となりましたので、昨日F氏の許可を頂きまして、発表させて頂きます。

・今回の目玉は、主題歌の仙石線の唄を、尾崎紀世彦氏ほかの、ワンダースが再結集して歌っている事。
・発掘された、当時の8ミリの『~セブン』の映像に、新たに録音された「ウルトラセブン」の唄がBGMとして挿入。ブックレットには、何故「セブン」では、ザ・ワンダースでなく、ジ・エコーズにしたかの理由も解説。

・42年ぶりに、静岡県在住の作者自ら描いたディクロスレイザの画が掲載。そのデザインに至った理由も詳細に説明。42(描かれたのは43年ぶり)年経って明かされる秘話。
(ガイロス星人の作者が、愛知県在住)→修正いたしました。コメントはその関係であります。
・詳細に調査した伏谷氏のフィルモグラフィの記事。
(因みに名古屋では『快獣ブースカ』は一クール遅れの、金城哲夫さんが「マイチャンネル」にゲスト出演された1967年1月11日から開始。そして「不思議なドンブラ島」で終了し、後編が無かったという視聴者には消化不良であった件も掲載されるかも?)

・ブックレットは、伏谷宏二氏の精魂込めた記事が満載。

・そのブックレットには飯島敏宏監督の寄稿文があり、「セブン暗殺計画」の前篇は「篇」、後編は「編」となった理由も自ら明かされます。

飯島監督を仙台にお呼びしましたのは、このDVDの関係であります。

>尚、数日前の下書きコメントは、昨日に鍵を外しました。


2)
「創世記ウルトラを語る」は、副題に「2010年・仙台イベントの挑戦」をつける件をS氏に了解頂きました。

古谷敏さんには、ある御対面が計画。「ウルトラマンになった男」へのサイン会、

トークは桜井さん交え、1964年9月(一部には8月?)の「マンモスフラワー」のファーストカット、
「2020年の挑戦」秘話。「マン」の初期3作の苦労話を計画しております。
(伏谷・渡邊)



最新情報 
      9月15日NHK「歴史秘話ヒストリア」
          「ウルトラマンと沖縄~脚本家・金城哲夫の見果てぬ夢」
      9月18日NHK「チャンス」古谷敏 氏 出演、
            仙台放送DVD「続・昭和の情景」発売予定
     10月3日仙台ジュンク堂にて「創世紀のウルトラを語る」トークイベント開催

沖縄県立芸術大学での「金城哲夫フォーラム」等の開催が、ほぼ決定となりました。
ワークショップは、金城哲夫さんの母校での開催を企画。子供たちへの参加を呼びかけます。
また、例年のように、「金城哲夫とウルトラアート」の参加作品の一般公募も致します。
応募用のアドレスは此方です、此方は作品応募専用のアドレスになりますので私信はご遠慮ください。
「金城哲夫プロジェクト」「金城哲夫ファン倶楽部」「金城哲夫研究会」代表;佐藤文彦
ultra-art-okinawa@hotmail.co.jp


f0226161_9434480.jpg

にゃんこシリーズです。後ろにクロマダラソテツシジミが居りますが、心眼で御覧ください。

<広告>

松風苑   沖縄県南風原にある、花鳥風月を共にする日本料理。
      約1000坪の敷地内に広がる日本庭園。
      二人以上の予約制。
      詳細は、外部リンクで
      http://www.syofuen.jp/index.html 


岐阜県昆虫同好会
     「だんだらちょう」雑誌・年3回(会長;小森、担当;林、問い合わせ;水谷)
     「キフチョウとカンアオイ~岐阜県の記録」 水谷治雄 著 送料込4400円
       申し込み・問い合わせ:水谷09047924666(御本人了解済み)
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-09-13 06:18 | 告知