沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

緑のガラモン

 ガラモンは、赤であるのは周知の事であるが、子供の頃にガラモンは緑であると噂が流れた。
というのは、ビクターから『ウルトラQ』放映直前に「ガラモンの逆襲」が発売され、これが緑であった。

画は、TBSの河島治之氏。金城哲夫さんの初期ドラマのタイトルバックや、「独身のスキャット」のプロデューサー、円谷プロファンには『恐竜探検隊ボーンフリー』の動画監督をされた事で有名である。

この「ガラモンの逆襲」と「海底原人ラゴン」のフォノシートには、脚本や、声、制作として円谷英二氏と共に
栫井巍氏の名前も掲載され、当時、子供であったので、「こしらい ぎ」と発音していた。1972年に、当時、円谷プロ、円谷エンタープライズの立石氏や末安氏から、電話で失礼であったが、「かこい」氏と御教示いただいた。立石じゅん氏には、金城さんの消息(沖縄へ帰郷)、ビンプロの事など教えて頂いた。

ゴキドンやモノリスのことも機会みてふれていきたい。

(渡邊豊信)

PS:とりどばいど様、画像の反回転ありがとうございます。また、御指導下さい。
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-07-05 08:05 | 資料