沖縄の生んだ脚本家「金城哲夫」氏の作品とその履歴を研究する会です~杉本一夫(2012年から)


by watanabe-toyonobu

金城哲夫作品 紹介・デビュー作

引き続き、ドラマ解説を担当者の同意にて、創刊号から転載する(敬称略)

ドラマ・純愛シリーズ『絆』  1962年1月24日放映;午後9:30~10:00


 脚色の立場で、金城哲夫の本格的テレビドラマデビュー作となる、TBSの純愛シリーズ「絆(きずな)」について、当時の新聞のテレビ番組解説をもとに紹介したい。

ストーリー)
ある中学校。二年B組担任の兵馬先生はクラスのやっかい者の知的水準が低い生徒である朝井弓子をなんとか養護施設へ入れないですむよう特別気を遣って弓子の面倒をみていた。だが、国語のテストで弓子が再三にわたり妨害したので、先生は弓子の手を打った。それ以後、弓子は先生に反抗的になった。先生の献身的な指導ぶりに同情的だった同僚の中にも、この際弓子を養護施設に入れたらどうか?とすすめる者が出てきた。

解説)
円谷特技研究所時代の金城の初のテレビドラマである。演出は円谷英二特技監督の長男である円谷 一ディレクターである。両者の初コンビ作品となる。原作は宇津木十四男氏「空しきたより」。この作品は、1961年に文部省が一般から公募した芸術祭テレビドラマの佳作入選作であり、それを金城が脚色した。宇津木氏は、立川市第二中学教諭(当時)であり、金城も玉川大学の教育学関係の学部を出ている。
 このあと、金城は1963年にかけて、沖縄関係の映画やテレビドラマを製作していく。

出演/
兵馬先生・和田 寧 、 弓子・松尾佳子、
  村田正雄、 鈴木光枝、 成田光子(敬称略)  ほか。

参考文献 中日新聞・1962年1月24日付け、テレビ欄

ついでに、製作途中の陶芸作品の画像も転載する。f0226161_11423479.jpg
[PR]
by watanabe-toyonobu | 2010-06-19 11:43 | 金城哲夫